話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)

ゆっくりダウト

「プロローグ」

疾風「よっしゃー!学校という名の監獄から抜け出せt「うるさい」アッハイ(´・ω・`)」 

という訳で疾風 、耀、 脩翔の3人は地獄とも思われる6時間を生き残り、今から新作のゲームを買いに行く途中である。
脩翔(説明長くね?)
 
疾風「まぁ今日発売のホラゲー買う奴は俺位かな?」
耀「そりゃそうだろお前以外ホラゲー嫌いだからなw」 
脩翔「アレのどこが良いのかわかんない(´^q^`)」
疾風「ま、まぁひとまず店に行こーぜ!」
 
こうして3人で学校近くのゲームショップに向かった。
 
疾風「にしても、異世界転移とかあるのかな?」
耀「あったらあったでめんどくさいだろうがw」
脩翔「でもチートスキルとかいいよな~」
と、言いながら着いた3人が店に入った途端、店ではない青白い空間に居た。

「「「は?(マジすかw)」」」
疾風「異世界転移キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
脩翔「チートキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
耀「帰って寝たい(切実)」
 
と、上の馬鹿2人「「うるさい」」(アッハイ(´・ω・`)が騒いでいると、何故か背筋がピシッと伸びた老人が居た。
 
神様「ウィッス」
3人「('ω')ウィッス」
神様「うん、元の世界には帰れないからな?」
疾風「いいよ!」
脩翔「チートくれるなら!」
耀「寝たいのに(´・ω・`)」
 
という感じで普通に会話?していると、

神様「まぁ、チート上げるから「「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」」お、おう...異世界転移してくれ♪」
耀「女神さんとかならまだしもおじいちゃんに言われると気持ち悪い」 
神様「(´・ω・`)」
2人「「「んで、何のチートくれんの?(*・ω・*)wkwk」」」
神様「考えてなかった...」
2人「「「は?(威圧)」」」
神様「まぁ、好きなのを2つ考えてくれたらその通りにするよ…」
2人「なら、神殺しのスキルとステータスくれ」
神様「ひどい(´・ω・`)」
耀「お前ら自重しろ」
2人「アッハイ」
神様「という訳で決まったら呼んでね~((ヾ(・д・。)フリフリ」
 
と言うと、神様(おじいちゃん)はどっかに消えていった。
 
疾風「んで、これからどうする?」
脩翔「どうしよう(´・ω・`)」
耀「転移して暮らすしかないだろ」
2人「「ですよね~」」
疾風「ひとまず、貰うチートスキルを考えよう」
2人「「そうだね(な)」」
神様「決まった~?」
3人「キェェェェシャベッタァァァ!」
神様「うるさいから、もう異世界送るね」
3人「ちょっm「なら頑張って~」

そこで3人は神にまた会って絶対殴ると誓ったのだが、神様自体はそれを知る由もなかった
 神様「なんか言った?」なにも? 神様「ふーん」

「転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く