あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?

mamuuuu

葵とデート

次の日、だるい体を起こして、俺は、葵とのデートに行く準備をしていた。
その時(ピンポーン)とインターホンの音が鳴った。
慌てて玄関の方に走って行き、玄関を開けると、そこには、葵がいた。

「まだ、30分前だぞ?」と俺が言うと、葵は、「だって、早く会いたかったんだもん」と言ってきた。
「でも、こんなに早く来てどうするんだ?」と俺が言うと、葵は、困った顔で「ど、どうしよう」と言ってきた。
「考えてなかったのかよ」と笑いながら言った。
「どうしようと言われてもな・・・少し待ってて、急いで準備してくるから」と俺はいい自分の部屋に行った。

そして10分で準備を終わらせて俺と葵は家を出た。

「寒くなってきたな」と俺が言ったら葵が手を繋いできた。
恥ずかしくないのか?とか毎回思う。
だが、毎回、顔を見ると赤くなっていて、あ、こいつ恥ずかしいのに毎回こんなことをしてくるのかと思いながら歩いた。

そしてまず映画館から行った。
「何見るか?」と俺が聞くと葵は「ホ、ホラー・・・映画・・・」と言ってきた。
あ、俺が苦手な・・・やつやん・・・
「ほ、本当に見るのか?」と言うと「うん・・・」と少し震えながら言ってきた。

内容は殺人ピエロが肝試しに来た人を追いかけたり殺したりするやつだ。
結構怖かった。
だが幽霊とかそんなやつはでてこなかったのでグロイなとか怖いなと思った。
結構夢とかにでてきそうな感じの殺人ピエロだった。

「結構怖かったな」と苦笑いで俺は言うと葵は「こ、怖すぎだよ・・・今日の夜寝れないよ」と言った。
確かに寝れる気がしないな。

そして映画を見たあとは雑貨屋とか洋服屋などのお店に行ってお揃いの洋服やキーホルダーなどを買った。

そして色々買ったりしてると外は暗くなっていた。
そして俺と葵は、手を繋ぎながら葵を家に送ってから家に帰った。

帰ってすぐに冷えて疲れた体をお風呂で癒した。
すごく疲れたけど楽しかったな。
そして体が温かいうちに布団に入った。
そして1分もしないうちに俺は寝てしまったのだった。



最近忙しくて全然投稿できませんでした!すいません!
少しづつ投稿ペースを上げていこうと思います!
これからもよろしくお願いします!

「あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く