話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?

mamuuuu

飛び蹴り女

最近テレビのCMや学校では、よくクリスマスと言ってるのを聞く。
学校では、あー今年もクリぼっちかよーとか言ってるやつがやたらと多い。
まぁ、そんなことはどうでもいい。(あ、今、絶対読んでる人を敵にしてしまったな…)
デートをした次の日の事だった………

「はぁ、今日はすごく寒いなー」と走りながら学校に登校していた俺は、遅刻ギリギリに学校に着いた。
「はぁ…はぁ…なんとか…間に合った…」そう言った時に後ろから俺の名前を言ってる誰かの声がした。
だが、1回も聞いたことの無い声だったので聞いてないことにしてとりあえず教室に行こうとすると後ろから飛び蹴りされた。

「は!?何してんだよ!?」
「はぁ…はぁ…はぁ…だ、だって名前呼んだのに反応しない方が悪いよね……」
「だって、知らない人に声をかけられたらそうなる時だってあるだろ?」
「確かに…っておい(ペシッ)知ってるだろ」
「え、誰だよ…」
「こんな美少女を忘れるとか酷いね」
「え、美少女?何処にいるの?」
そう言ってるとチャイムが鳴った。
「あ!?遅刻じゃん!!」
「あ、やべ」

そして2人は教室に走っていった。
すると飛び蹴り女は何故か俺の後ろをついてくる。
「なんでお前こっちに来てるんだよ」
「だって、同じクラスじゃん」
え、こんな飛び蹴りする女いたっけ?
てか、背中痛い…
そして、俺達は軽く怒られた。
同じクラスに凶暴な女子がいた事がとても怖い。
そして俺は1日ずっと背中の痛みと一緒に過ごしたのだった。




寒くなってきましたねー!もうすぐクリスマスですねー!え、みんなクリぼっちじゃないん?そうなのか(泣)

「あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く