話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?

mamuuuu

学校休みます・・・

俺はカーテンの隙間から差し込む光で目が覚めた。
ぐっすり寝たのに体がだるい。
「今日は休むか・・・」
そして葵が来る前に葵に電話をしようと思ったが今思うと俺は葵の電話番号を知らなかった。
葵には悪いがこっちに来てから言おう。

そして10分経ってから葵が来た。
「葵、今日は、体調が悪くて学校休むから1人で行ってもらっていいか?」

「いいけど、その代わりに放課後来ていい?」

「あぁ、勿論いいぞ」俺はそう言い葵は「行ってきます」と言い家を出ていった。

そして俺は部屋に戻り、ベッドに寝て休んでいた。
お気に入りの曲を聴いていたら、いつの間にか寝てしまった。

そして目が覚めると何故か体が締めつけられる感じがした。
そしてゆっくりと締めつけられてる方を見ると葵が抱きつきながら寝ていた。
俺は葵を起こさないようにゆっくりと体を起こし葵の顔を見るととても気持ちよさそうに寝ていた。

そして10分が経ち、やっと葵が目を覚ました。
葵はあくびをしながら体を起こした。
「おい、葵俺に抱きついてなんで俺のベッドで寝てるの?」

「あ、あはは・・・気持ちよさそうに寝てるからつい・・・抱きついてるのは・・・な、内緒!」

「内緒にしても大体はわかるからな」俺はそう言い葵の方を見ると顔が赤かった。

「お茶かオレンジジュースどっちがいい?」

「お、おれんじじゅーちゅでおねがいしましゅ・・・噛んじゃった・・・」

「わかった」
そして俺はオレンジジュースをコップに注いで部屋に戻ると葵が見あたらなかった。
あれ?なんでこいつ俺のベッドに入ってんの?

「おい、なんで俺のベッドに入ってるんだ?」

「そ、それは・・・いい匂いがするし落ちつくから・・・」

「そうか・・・いや、そうかじゃない。今すぐでないとオレンジジュースあげないぞ?」俺はそう言うとゆっくり出てきた。

顔をぷくっとさせて「うぅ、けちー」と言ってきた。

「お前はまだ俺の彼女じゃないだろ」

「ま、まだ・・・私と付き合ってください!」
俺はオレンジジュースを飲んでいたから吹きそうになった。

「ちょ、お前な・・・まぁ、返事は・・・よろしくお願いしますだけどな」
俺はそう言いながら視線を葵に向けるとぽかーんっとなっていた。

「おい、聞いてたか?」

ぽかーんっとしながら「聞いてたよ」と言ってきた。
こうして俺と葵は付き合うことになった。

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く