あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?

mamuuuu

俺は辛いよ

俺は午前7時に起きた。起きた後は、そわそわしながら準備した。
俺は最近正夢が多いからこれが本当だったら俺はファーストキスを奪われることになる。
キスしてきた人の顔は見えなかったから誰なんだろうって思いながら学校に車で登校した。

周りからの視線は相変わらずやばいけど今は、それどころじゃない。
もしみんなが正夢をたくさん見てこんな夢をみたら落ち着きがなくなるだろ?
今の俺は本当に気持ち悪いと思う。
自分でもそう思う。

とりあえずその夢は頭の中から離そうとするが頭の中から離れない。
困ったな・・・
そう考えながら教室に行った。

俺は一応クラスに馴染めているのだ。
男子からの殺気はやばいがな。
教室に着いて俺は教室にいるみんなに挨拶をした。
「おはよう!」
女子からは挨拶が返ってくるが男子からは殺気がきた。
俺は何をしたんだよと思いながら溜息を吐いた。
最近授業中なのに女子から見られるしほんと疲れるよ・・・

おい、今これを読んでるそこの君!お前殺すぞ!って思っただろ?
本当にごめんなさい・・・でも俺もこの生活嫌なんです。

ハーレムみたいになってるが正直辛いぞ?
読んでる人と場所が変われるなら変わりたい。
毎日これは体力に自信がある奴でも1日で終わるぞ?

俺が休める場所は家だけだ。
休み時間とか昼休みなどは休めないのだ・・・
そこの男子変わってくれ!!!!!!
本当に辛い!体力に自信がない俺に毎日これは辛い!!

このクラスで一番最初に俺の髪が全部白髪になりそう。

どうしたら楽になれるかな?あはは・・・
一番楽な時は寝てる時だ。
そう思いながら色々考えてたらいつも放課後になってるのだ。
考え事が多すぎて授業に集中できない。
本当に・・・どうしよう・・・
赤点とったらどうしよう・・・
男子に殺されたら・・・
うわぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!
もうやだー!!
こんな人生嫌だよー!!
楽になりたいー!
そう思いながら俺は家に帰った。

食欲がなく今日はご飯を食べなかった。
作ってくれた方には申し訳ない。だがご飯より今は休憩がほしい。

毎日これだったらストレスがたまり、いつ禿げても可笑しくない。
現実逃避したい気分だよ。
そう思いながらベッドにごろんと横になってたらいつの間にか寝てた。

やっぱり疲労がやばいよ。
この俺を癒してくれるのはベッドだけだ。
なんかぼっちみたいなやつだな・・・あはは・・・
俺はこの生活を3週間過ごした。

だがその後の人生が変わった・・・
俺はもう我慢や疲労を溜めなくていい・・・
あの人に感謝だ!!

「あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く