話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?

mamuuuu

はー辛いわー

あの後は、全然話せれなかったまま時間が過ぎて彼女が時計を見て言った。
「あ、そろそろ帰らなきゃ」
もっと咲希と話したらよかったなと俺は後悔した。
俺は、黒い服の人に咲希を家までおくってあげてと頼んだ。
咲希は俺に言った。
「こ、今度はたくさん話そうね・・・」
「あぁ!勿論だ!」と俺は元気に答えた。
そして咲希を見送った後ふと思い出した。
あ、テストがあるから勉強しなきゃ、やばいなと。
まだ少し余裕はあるが体育の授業の後の授業とかあまり集中してできなかったのでノートを見たり教科書を見て何とかみんなには多分追いついたと思う。
そしてご飯を食べた後お風呂に行って、その後歯を磨いて、いつも通り寝たのだった。
そして朝起きていつも通り起きて、着替えて、ご飯を食べて歯を磨きそしていつも通りに学校に行き咲希と話して学校が終わると咲希と遊ぶか勉強するかの生活が数日間続き気づいたら今日はテストがある日だった。
俺は、勉強したけどあまり自信がなかった。
何故かって?そ、そりゃー、前にも勉強してテストを受けたけど順位は真ん中だったんだよ!悲しいだろうがと俺は思いながらテスト用紙を見つめた。
そして俺はスラスラとテストを解いて余った時間を見直しに使った。
そこまで自信はないけれど今回は上位にいけそうかも?と思いながらテスト用紙を見つめていた。
そしてチャイムがなり俺は大きなため息をして天井をずっと見ていた。
そして辛いテストも終わり少し気持ちに余裕がもてた。

そしてテスト返しの日俺は、3教科100点をとりまた注目されるようになってしまった。
注目されるのはとても精神的に辛い。
注目されるようになってから女子が俺の周りに集まったり男子から睨まれたりして辛い。
たまに「あいつ凄く殺りたいんだが?」とか「俺もあんなに完璧に生まれたかったよ」とか、聞こえる声で言ってくる。
俺がいない所や俺がいない時にできれば言ってほしい。
それが聞こえたら教室に居づらいんだよなー。
「はぁ」と俺はため息をはいた。
すると視界が急に暗くなり誰かの温もりがあった。勿論、背中にもだ。
「だーれだ!」
「咲希だろ?どうした?」
と俺は言うと咲希はばれちゃったか、えへへみたいな感じの後に言った。
「何かあった?辛そうだけど」
表情にでてたのかわからないがどうやらばれたらしい。
「まぁ、なんかみんなから注目されすぎて疲れてるんだよ」
その時、教室の空気がとても重くなったのがわかった。
周りを見ると男子がこっちを見ていた。
殺気が溢れ出ておりとても男子の口がぼそぼそ動いていた。
口の動き的に殺すぞ、こらと何回も言ったりしてるやつがいて、やばいなと思った。
最近のニュースで、10代の男性が10代の男女を殺したりする事件があり、俺もそうなりそうでとても怖かった。
「そうなのかーとても辛そうだね」
いや、咲希はなんで男どもに注目されてても平気なんだよと俺は思った。
「帰るかー」と俺は言った。
「うん!帰ろ!」と咲希が言った。
そして俺はいつも通り咲希を家までおくり自分の家に帰って自分の部屋に行ってベッドにごろんとなったら疲れたせいですぐ寝てしまった。
俺は夢を見た。見知らぬ人?と話してる夢を。
話しの内容はわからなかった。
そして俺は次の日の朝まで寝ていた。

「あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く