話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?

mamuuuu

黒い服の人やばくね?

寝そうになりながらも授業を受け、内容は全然はいってこなかったが何とか起きてられた。
そして授業も終わり放課後になり、俺はお母さんに言われた通りにとある電話番号にかけた。
そして声が低い男性がでた。
「もしもし、宰佐様」
「もしもし、終わりました」
「わかりました」
そして男性は電話をきった。
俺は迎えを待ってた。待ってる間に何をしようと悩んでいた時に咲希が俺に声をかけてくれた。
「宰佐君!」
「あぁ、咲希かどうしたの?」
「連絡先教えて!」と彼女は嬉しそうに言った。
俺は、勿論「いいよ!」と言い連絡先を交換した。
その時、車が来たので俺は、「咲希乗っていく?」と言った。俺が運転する訳じゃねぇがなと心の中で笑いながら思った。
あれ?俺って結構やばいやつみたいになってるやん。まぁ、いいか。
咲希の返事は勿論「うん!」だった。
最初は驚いた顔で車を見ていたけど今はとてもわくわくしてる感じだった。
そして咲希は黒い服の人に場所を言った。
黒い服の人はとても優秀すぎる!咲希の家の前ぴったりに車を停めた。
すげぇな、黒い服の人!怖いぜ!あははと思った。
俺は、咲希に「またねー」と言うと咲希も「またね!」と言ってくれた。
そして俺は、家に帰って自分の部屋に入り部屋着に着替えた。
そして少し時間がたってから1階に行き
俺は、「あーお腹空いたー」と言いながら
ご飯を食べに行くのだった。

「あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く