話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?

mamuuuu

え、まじか・・・

俺はパンを食べながら女子と話していた。
「あの、名前教えて貰っていいですかね?」
と俺言った。
「私の名前は石井 咲希だよ!よろしくね!」
「お、おう!よろしく!」
そして咲希と俺が話してると周りからみんなに見られてる気がした。
周りを見ると女子と男子から見られていたのだ。
「あの学校一の美少女と転校生が話してるぞ」
「いいなー、転校生変われよ」
と男子から
「私も転校生の人と仲良くなりたいな」
「あの転校生の人が彼氏だったら・・・はぁはぁ・・・」
と女子から。1人やばいやつがいるが無視だ。
そしてあっという間に昼休みが終わり5時間目になり体育だった。
体育の授業で今回やることはバスケットボールだった。
男子はステージ側のコートで女子はその反対のコートでバスケットボールをすることになった。
俺は一応元バスケ部だったのでそこそこできる。
「久しぶりにバスケやるなー」
なんか周りからの視線が気になるがまぁ、いいか。そして試合が始まった。
久しぶりにやるバスケは楽しいな。
そして敵の人がコートの外で見てる人に何か言われてたので聞くと敵の2人はバスケ部らしい。
あ、俺のチーム1人もいないらしい。辛いな、うん。そう思いながらバスケをやると何故か味方の人が俺ばっかにボールをパスしてきた。
「ほい、頑張れ」
「まじか」
俺一人で頑張れだと・・・しゃーねーやるか・・・
どうやら味方はディフェンスはちゃんとやれるけどオフェンスが苦手らしい。困ったな。
俺1人でオフェンスをやるとなると5人をドリブルで抜いていくかスリーポイントシュートをきめて勝ちに行くしかないか。
オフェンスになって味方を見るとみんな動いてなかった。
まじかよ・・・せめて、参加してくれ・・・俺の体力がぁぁぁぁぁと思ったが一応勝てたのだ。
そして俺はさらに注目されるようになってしまったのだった。
困ったな・・・あはは・・・
そして6時間目の授業は疲れて寝そうになっていたのだった。

「あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く