あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?

mamuuuu

うん、なんか結構見られてるな・・・

俺はでかい風呂からでて、服を着てさっきの部屋に戻った。
するとご飯が用意されておりお母さんが言った。
「ご飯を食べよっか」
お母さんにそう言われた俺は、用意されてたご飯を食べて部屋を教えて貰ってベッドに入ってスマホをいじってたらいつの間にか寝ていたのだ。
鳥の鳴き声が聞こえて俺は目が覚めた。
背伸びをしながら欠伸をしてベッドからでて顔を洗いに行った。
そして制服に着替えてからご飯を食べに行った。
勿論、制服は見たことない制服だったよ。
そして俺は、ご飯を食べ終わり歯を磨いてから黒い服の人に声をかけて学校まで運転をお願いした。
そして乗った車が昨日と違ってとても目立つ誰が見ても高いなと確信する高級車だった。
学校に着くまでスマホをいじっていた。
車が止まって黒い服の人に着きましたと声をかけられ車を降りた。
そして俺は、周りの人たちから注目されていた。
ん?なんか見られてね?そして周りから声がちょこちょこ聞こえていた。
「あの人かっこよくない?」
「金持ちとか羨ましいなー」
「あんな人こんな学校にいたっけ?」
俺の顔はかっこよくねぇーとか色んなことを思いながら親に言われた通り最初に校長室に行き、挨拶をして、担任の先生に学校を案内されながら教室に向かったのだった。
どうやら俺は転校生とのことだった。
あれ、高校って転校できたっけ?そう思いながら、まぁ、いいやと考えることを諦めた。
そしてよく漫画やアニメである転校生の紹介の仕方が始まった。
「みんなにお知らせがある」
教室がうるさくなった。
先生は大きな声で静かに!と注意した。
「では転校生の紹介をします。どうぞ。」
俺はゆっくり教室に入っていった。その時色々聞こえた。
「あの人かっこいい」
「あ!朝いたお金持ちの人だ」
「やば、一目惚れしたかも」
俺は聞かなかったことにして自己紹介をした。
「羽状 宰佐です。この学校のことよく分からないですが俺に色々教えて下さると嬉しいです。よろしくお願いします。」
と軽く自己紹介と挨拶をした。
先生が俺の席を教えてくれ、俺はその席に座った。
そして、授業が始まり俺は集中して授業を受けてたのだが周りの女子がなんかこっちを見ているのだ。
そして俺はそれを気にしないで、また授業に集中するのだった。
そしてあっという間に昼休みになり俺は売店に行きパンと飲み物を買って教室に戻って自分の席に座ってパンを食べようとした時に女性から声をかけられた。
黒髪で顔が整っており凄く綺麗な人だった。
「あの、一緒にご飯食べない?」
俺は驚いた顔で言った。
「う、うん。いいよ。」
そして俺とその綺麗な女子は一緒にご飯を食べながら話すのだった

「あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く