どうぶつの森rei story1〜devil&crazy〜

月神玲

落ち着き

レイ「さぁて。切り替えて仕事に入るか。なんとか手掛かりは見つかったし。」
オリス「……ちょっと…キミのこと…………カモw」
レイ「なんか言った?考え事するといつもこうなのよ。」
オリスside
久しぶりかもしれない。ここまで面白い少女と出会うのは……。彼女には特別な力があるのかもしれないねぇ。ふふふっ!楽しみだ。楽しみだ。

          あと1ヶ月後がね

NOside
前回までの内容はこうだ。
レイがこの村へやってきて、遺体検査によりあることが解明することができ、さらにはディノの謎をすぐに答えるという人間外の力を発揮した。さてさて。今日の調査はどうなるか?

×××side
本日の餌(ディナー)は彼女になることでしょうね。だって……

彼女は死を間近にして冷静となれるほどの脳(スープの出汁)と心臓(ドリンク)。ホワイト村にぴったりな白い肌(肉)。他の部位もぜーーーーったい美味しいわ!!うふふふふふ!!あぁ!楽しみすぎて寝ることができない!!

そのような声が響き渡ったことは彼女以外わからない。

「どうぶつの森rei story1〜devil&crazy〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く