どうぶつの森rei story1〜devil&crazy〜

月神玲

夢のメモリ1

全て終わらした。そしてだんだん眠くなってきた。けれど……ちょっと外へ行きたかった。
レイ「……少しでてみるか。」
血生臭い村の上には広く広く広がる秋の夜空。私はこれが好きだ。どんなに都会だとしても、どんなに汚い村でも、全ての村には夜空がある。それを眺めるのが私の気分転換にもなる。
レイ「ふぅ………。」
??「アレ?そこのキミ。もしかしてウワサのレイさんかなぁ?」
レイ「っ!?!?」
??「フフフッ!!少々驚かせてしまったカナ?僕の名前はオリス。死神なんだ。」
レイ「へぇー……え?死神だって?」
オリス「あぁそうさ。なんだい?もしかして死神が怖いのかい?」
レイ「いや。そんな感じで堂々と言える人、珍しいわ。ホントこの村は変なヤツ多いわね。つくづく思うわ。」
オリス「ありゃりゃ。最初から変人扱いかい。まぁしょうがないね。そういえば1つ。キミは星が好きかな?」
レイ「えぇ。でもいきなりなんで?私が答えたのだから教えてちょうだい。」
オリス「それはね……夢の中でね?」
レイ「は?どう…いうこ……」バタッ
急に眠く……
オリス「フフフフ。ベッドまではーこーぼー。お邪魔するね…。」


「どうぶつの森rei story1〜devil&crazy〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く