妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

ストレアVS圧縮の魔王

「……………」
「あのぉ…こんにちは、魔王さんですか?」

「……………はい」
「そうですか、僕の名前はアルカディア バーン ストレアですよろしくお願いします…貴方を倒しに来ました」

「…………圧縮」
バシュ!

「えっ…ん右腕が動かない」
ストレアの右腕は肩から先が無くなっていた

「グワァぁぁあ痛い痛い、あぁあぁぁぁぁあああああああああああああああ」

「何…これ……魔力が………急に……跳ね上がった?」

「コロスコロスコロスコロスコロス、おマえヲクいコろシてヤる」

「これは……暴……走?」
「カかッてコいよ、ザコが」

「ふ…は」
[圧縮]

「アまい」
ストレアのスキル、憤怒が全てのステータスを爆上げをしたお陰で極学びの能力が少し進化していた、魔法や戦い方を見ただけで覚えるほどに…


[展開]
バチィン

「何!」
「あーあー、はぁ、やっとまともに喋れるようになりました、まさかここまで暴走するとは、そうそう言い忘れてましたが、圧縮と言うものは体積を圧縮させる物?ですでも貴方の圧縮はちょっと違います、貴方は空間を直接圧縮させてるんです、まぁ強いですが避けられたら何も出来ません、まぁ原理を知っていたらですけど、でも僕の圧縮は違います、肉体、体積、を直接圧縮させるんです貴方の足をよく見て下さい」
[圧縮]

「痛い…」
「痛いですか、僕も痛いですよ右腕、次ですね、僕は貴方の圧縮をさっき弾きましたよね、あれは展開と行って体積を間隔的に広がるんです、後は簡単ですね」

「何故…そんな物が…使える…んだ?」
「日本で勉強しましたから、さて僕は早く腕を治したいので帰りますね、さようなら」
[圧縮]

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー339694

    なかなか、物語の内容も面白いね。

    0
  • ノベルバユーザー289825

    マダカナー

    0
  • ハジメ

    続き出さないんですか?
    楽しみにしてるので更新待ってます

    1
コメントを書く