妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

烈火紅葉黒炎

「できるかなぁ?」
[傲慢の化身 鷲獅子グリフォン]
「できたわ!みんなやってみて」
「悠人、それは置いといて王様?がさっきから変な汗かいてて気持ち悪い殺していい?」

「最悪だなそれは、ルナどいとけ」
「うん」
[黒炎ダークフレイム]
「気をつけろ〜王様この黒い火は当たったらチリすら残らない火だから、多分死ぬよ?」

「騎士ども我を守るえ!急ぐえ!」

「悠人殿それは新しい力ですね?」
「そう、転移した時呪力を感知したから真似したらできた、でもこれは呪力と魔法の混ぜ合わせだから、多分痛いと思う…」

「熱いえ!!死にたくないえぇぇぇええ!!」
「雹泉さんどう言う事なのこれは!」
「委員長、後で全部話すから、今は黙っててくれ」
「はい…」

「さてさて、騎士団の方々お前らの守る対象が死んじゃったけどどうするの?」
「主ってたまに屑だよな」
(皆んな)「それな!」

「おい!お前ら後で覚えとけよ」
「金なら払う!だから助けてくれ!!」
「団長!裏切るんですか!」
「黙れ!俺さえ助かればいいんだ!」

「この裏切り者がぁぁぁあああ!!!」

「えっ、何この茶番…まじ笑うんだけど、あぁ〜あ疲れたもう死ね」
(儂も出るぞ!)
(ありがと!)

{秋の紅葉、咲き乱れ、闇夜の月光、紅く光れ、烈火の如く、宙に舞え}
[烈火紅葉黒炎レッカコウヨウコクエン]
次の瞬間宮殿は無くなり、その一部の空間が永遠に季節が変わる事が無くなった…

「お兄ちゃん、これは何?…」
「魔力、霊力、神力、妖力、呪力全部混ぜて火を放ったらこうなった、ちなみに詠唱しないと上手く出来なかったよ多分…めっちゃ難しい、だって指定して敵を燃やすんだぜ?おかしいだろむずいだろまじで…てか動けない」
バタン

「さすが悠人、力の出し惜しみはしない」
「仕方ない、主は色々バカだから」
「そうだね兄貴も人の事言えないけど」

「俺も師匠のようになれるかな!」
「ストレアやめときなさい、悠人殿は一種の病気だから…」
「お兄ちゃんはすぐ無茶しちゃうな…」

「あの?雹泉さんたち?これは一体どう言う事なのでしょうか?」

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く