妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

帝国

「うわぁ何この金に物を言わせた宮殿…」
「あぁこれは酷いな…主人が来たぞ」

「諸君良く来てくれたえ…感謝するぞえ諸君らには魔王を討伐してほしいのえ」
「そんなの無理です僕らは戦いも知らない一般人です!」

「この王様怪しいな…」
「師匠、こいつ帝国軍の奴らです」
「悠人殿私らは顔バレしてるので後ろに隠れてさしてもらうと嬉しです」

「良いぞ、ちょっとつつくか…柚子」
(あいよ[憑依])

[魔法創造]
[威圧]

「良しお前ら防御する準備しとけ威圧放つから」
(みんな)「あぁ」「はい!」「うん」

[威圧]
「ひぃ!誰だえ、あの7人を捉えるのえ!」
(帝国騎士)「はっ!」

「どうしたの雹泉さんその耳と尻尾!」
「気にすんな、テメェら動くなよ、動いたらテメェらの王様の首が無くなるぞ」

「くそっ俺は帝国騎士団団長クラネルだ交渉をしよう」

魔法を打とうとしてるな魔力操作がガタガタあれで団長か…

「団長さん?魔法は打たない方が良いんじゃないですかね?」
「何!貴様らチーム名はなんだ!」

チーム名?考えてなかった…これは盲点みんなに聞こ!
「ルナ何が良いと思う?」

「なんでも良い」
「それが一番困る…ルナあまり血のナイフを王様にくっつけるなよ汚いから」
「うん!」

「バルは何が良い?」
「マモンさんの教えで同じにして欲しいって言ってたぞ」
「まじか、みんな七つの大罪で良いか?」

(皆んな)「うん!」「はぁ」

「という事で団長さん?チーム名は七つの大罪です」
「ふっフハハハハハ、貴様らが七つの大罪を名乗るとは、大罪スキルも持ってない癖になぁ!」

「いやみんな持ってるぞ?」
「えっ…騙されないぞ!」

「どうやって説明したらいい?」
「師匠、結構前に大罪スキルの発動練習してたら、なんか後ろから動物が出てたんですよね、それで良いんじゃないですかね?」

「なるほど!」

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く