妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

再び異世界へ

(1ヶ月後)

「今日はここまでここテストで出るから予習しておくように!」

「はぁ疲れた…」
「お兄ちゃん、シャキッとして」
「おいおい主、ゲームのやり過ぎじゃ無いか?」

「違うと願いたい」
「はぁ…」
「全くこんなんだったら異世界にいた方が良かったんじゃ無いの?って思っちゃうよ…」

「悠人、ご飯食べよ」
「私も良いか?悠人殿」
「良いよ」

「師匠〜会いに来ましたよ〜」
「雹さん、兄貴きたぞ〜」

「飯食べよ」

「なんだこの光は!」
悠人達の目の前には魔法陣が教室全体貼られていた
「キャー助けて!」
「扉が開かない!」

「お前ら警戒しろ…飛ぶぞ異世界に」
(6人全員)「うん!」「あぁ」


「やぁ悠人君、久しぶりだね!」
「あぁそうだなこれお前の仕業か?」

「違う、違う向こうの世界の馬鹿な王様がやった事…全く困っちゃうよ、プンプンだよ、仕事増やしちゃって」

「そうかぁまた戻るんだなあっちに」
「うんしかも今回は前とは違ってもっと最悪、君の能力で戻れないよ」

「まじか、何でだ?」
「それはね向こうの馬鹿が呪いを掛けたから…しかも邪神製のあれは僕でも防げないよ」

「なるほど、じゃあ俺は邪神をぶっ飛ばせば良いんだな?」
「そういう事!って事でよろしくね〜、いってらっしゃい!」

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く