妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

力…

(1ヶ月後)

俺らはみんなで学校に通っている、バルは龍先リュウサキ 刃流バルって言う名前で呼ばれて、リズは龍先 理鶴リズだ名前がキラキラでめっちゃ笑うけど気にするな、後ルナとアルカディア姉弟なんだがルナが清水シミズ 瑠奈ルナでアルカディア姉弟は普通にアルカディア バーン ストレア、フレイアって名乗ってる、で俺らはこの世界で死んだ事になってたんだが神のお陰かわからんが生きてる事になってた…ちなみにみんな俺の家に住んでる

「お兄ちゃん行くよ!初詣!」
「はいはい」
ガチャ

「主遅いぞ?外が寒いんだからさ早くしてくれよ」
「ごめんごめん」

「悠人甘酒全員分奢るの刑」
「うわぁ地味な嫌がらせ」
「師匠、寒いです早く行きましょう!」

「そうだな」


(みんな仲が良いのう)
「そうかもな、着いたぞ」

「この神社凄いですね悠人殿〜」
「あぁみんなお参りの仕方わかるか?」
「もちろん!師匠余裕ですよ」
「悠人殿切って良いですか?」
「舐めてるのか主?」
「雹さん怒りますよ?」
「悠人今日ベットに括り付けて添い寝の刑」

「お前ら俺が雑魚だからって最近調子に乗ってるんじゃないか?そしてルナそれはご褒美と言います」

「コン!」
「狐?なんでこんな所に狐がいるんだ?」
(小僧!避けろ!)

「うわっ苦しい助けて…はっ死ぬかと思った…どうしたみんな?」
「悠人可愛い!」
「確かにこれは可愛いですねルナ殿」

「主ププちっちゃくなってる」
「師匠、の尻尾9個ありますね」
「お兄ちゃん!金髪ショタ狐になってる!」

「はぁ?嘘だろ?」
(失敗しちゃった)
(お主何者だ!)
(私?私は九尾、狐の王女だよ?)

「今俺の中に居るのは九尾らしいよ」
「それ本当?お兄ちゃん」

「そうだろうな俺の姿が変わってるしステータス見てみる?」
[ステータスオープン]

名前
ヒョウズミ ユウト

二つ名
鬼神 傲慢

種族
人間(九尾憑依状態)

レベル
測定不能

測定不能
生命力
測定不能
器用
測定不能
俊敏性
測定不能
知力
測定不能
魔力
0
霊力
測定不能

測定不能
スキル
[傲慢] [煉獄]
[土塊][氷結] 
[風魔][燈光] 
[暗夜]
加護
絶対神の慈愛 傲慢の加護

「霊力?新しい能力が増えてるな後憑依状態だ」
(当たり前だよぉだって私が貴方に憑依した時霊力を増やしたから)

「なるほど、一旦出てくれないか?」
(良いよ)

「良し、俺自体に影響が出てないよな…」
[ステータスオープン]

名前
ヒョウズミ ユウト

二つ名
鬼神 傲慢

種族
人間

レベル
10

600
生命力
800
器用
測定不能
俊敏性
400
知力
測定不能
魔力
1000
霊力
200

500
スキル
[傲慢] [全属性魔法]
[式神]  [焔]
[雹] [嵐] [地] [影] [灯]
加護
絶対神の慈愛 傲慢の加護

「スキルが増えてるな」
「どんなスキルですか師匠!」

「なになに、式神を召喚する…と新しい属性魔法?っぽいな、やってみるか式神だけ」
[式神]
(うぉ)
(きゃ)
悠人達の目の前に子犬と子狐が現れた…

「まじかよ、柚子と九尾だよな?」
(あぁ儂じゃ)
(うん!私だよぉ)

「悠人この子達可愛い」
「雹さんこれは可愛いすぎますね」
「とりあえずお参りして帰ろう」


「お兄ちゃん早速ダンデライオンに行こ!」
「そうだな、みんな行くか?」
(全員)「もちろん!」

「柚子!」
(任された[憑依])
[範囲内転移]


「ありがとう柚子!」
(良い良い)

「さてやってみよう!ただ霊力の回復の仕方がわからん…どうしよう」
(悠ちゃん任せてっ![憑依])

「うわっ」
(オッケーだよぉ!)
「はぁ…」
[ステータスオープン]

名前
ヒョウズミ ユウト

二つ名
鬼神 傲慢

種族
人間

レベル
10

600
生命力
800
器用
測定不能
俊敏性
400
知力
測定不能
魔力
1000
霊力
200

500
スキル
[傲慢] [全属性魔法]
[式神]  [焔]
[雹] [嵐] [地] [影] [灯]
[霊復]
加護
絶対神の慈愛 傲慢の加護

「なんか増えてるなこれで霊力が回復するのか?」
(モチのロン!)

「物は試し!」
[焔]
「うわぁ、結構な火力出たな…でも魔力とは違うかったな、これは右手でフレイム、左手で焔をするしか無いな…」

「出たよお兄ちゃんの癖とりあえず両立しようとするところ」
「でも面白そうじゃないですか咲さん!」

「そうだね、ストレア君はこんな事しちゃいけないよ!」
「はい!」

「行けるぞ![フレイム]、[焔]」
「そしてお兄ちゃんの癖2出来てしまう…」
「すげぇ主!」

(悠君凄いねぇ全く別の力をここまで操るなんて…)
(さすがじゃのう小僧)

「ありがとう俺にとっちゃあ褒め言葉だ」

「悠人、混ぜるのできない?」
「成る程ルナお前天才か!」
「えっへん!」

「集中しないと…右手に両方の力を混ぜるように…」
[霊魔火力]
ブワァ、ジュゥジュゥ

「やばい!抑えないと…溶けちゃったな木とか全部…」
「なん言うか悠人は化け物だった…」

(全員)「それな!」

「おい!でもこれちゃんと操れると凄い強くなるぞ!今日オールで練習するわ!」
「頑張って!」


(1時間半後)
「早く終わってしまった…」
[ステータスオープン]

名前
ヒョウズミ ユウト

二つ名
鬼神 傲慢

種族
人間

レベル
10

600
生命力
800
器用
測定不能
俊敏性
400
知力
測定不能
魔力
3000
霊力
3000

500
スキル
[傲慢] [全属性魔法]
[式神] [焔] [雹] [嵐]
[地] [影] [灯] [霊復]
[霊魔力] [霊魔火力]
[霊魔水力] [霊魔風力]
[霊魔魔力] [霊魔霊力]
加護
絶対神の慈愛 傲慢の加護

「完璧!他に力無いのかな?」
(あるよぉ?)
「まじで!教えて!」

(良いよ教えるね!まず妖力!これは妖怪とかその類の者が使えるね!私も使えるよ!それで次、神力!これは神にならないと使えないね!、これで最後呪力これは呪いの類だね失敗しちゃったら返しが来るからオススメはしないよぅ)

「成る程…それじゃ妖力を教えてください!」
(その前に私の名前も頂戴!)
「おう任せろ…菜月ナツキ名前は菜月でどうだ?」

(良いね!気に入ったよぉ!さぁまず妖力を受けて![妖火])

「うっ痛い…おっなんか掴めたぞ!」
[ステータスオープン]

名前
ヒョウズミ ユウト

二つ名
鬼神 傲慢

種族
人間

レベル
10

600
生命力
800
器用
測定不能
俊敏性
400
知力
測定不能
魔力
3000
霊力
3000
妖力
200

500
スキル
[傲慢] [全属性魔法]
[式神] [全属性霊力]
[霊復] [全霊魔力] 
[妖火] [妖水]
[妖風] [妖地]
[妖暗] [妖光]
加護
絶対神の慈愛 傲慢の加護

「キタァ!!全部一回で掴んだぜ!」
(さすが悠くんもう何も言わないよ)
「じゃあひたすら打つわ」
(頑張ってねぇ!)


(2時間後)

「覚えた完全に…三つ混ぜることも出来るようになった」
(早いよぉ!本当に規格外だねぇ」

ひらぁ
「神から手紙が来た…」

{神だお!悠人君君は何を目指してるのかな?でも神は手助けしちゃう!
神力に飲み込まれないでね!}

「見てたのかよ…うっ!苦しい」
(悠くんが神力に目覚めた!あり得ないよ!嘘でしょ…)

「落ち着いた、まじあの神ぶっ殺す…痛い事言えよ…」
[ステータスオープン]

名前
ヒョウズミ ユウト

二つ名
鬼神 傲慢

種族
人間?

レベル
10

600
生命力
800
器用
測定不能
俊敏性
400
知力
測定不能
魔力
4000
霊力
4000
妖力
4000
神力
測定不能

500
スキル
[傲慢] [全属性魔法]
[式神] [全属性霊力]
[全属性妖力]
[全属性神力]
加護
絶対神の慈愛 傲慢の加護

「後2時間で神力を仕上げるぞ!」

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー282808

    イイネ

    0
  • かオース⤴︎

    ヮ(゜д゜)ォ!

    1
コメントを書く