妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

唐突の攻略

「ただいま」
「お兄ちゃんお帰り〜どこ行ってたの?、バルちゃんと一緒に」

「俺はダンジョン攻略、こいつは村に呼び戻されて妹を連れてきた」

「今日からお世話になります!リズです」
「よろしくね!、リズちゃん!」
「はい!」


(リズが来てから2週間後)

「おはよ〜、お前ら準備できてるか?」
「あぁ俺はな」
「うん!お兄ちゃん早く行こ!」
「師匠どこ行くの?」

「雹さん私も聞いてない!」
「それはな…七つの大罪スキルをもらいに行くのだ!」

「「「はぁ?」」」
「それじゃあ行ってみよう!」
「そうそう言い忘れてたけど、バラバラで行くから」


「それじゃルナ行くぞ〜」
「うん」
[階層転移]

「誰?だるいんだけど」
「カクカクシカジカで…」

「なるほど良いよあげる」
「ありがとう」
「壁破壊するぞ」


「「ただいま」」
悠人達はこのノリで残りの大座達を成仏さした…

「疲れたぁ…まじで」
「お疲れ様悠人はいこれ」
「ありがとう、ちょっこれエリクサーなんてもんを飲ませようとする…」

「実験しようと思ったのに」
「おい!まぁ飲むけど」
ごくごく

「あんまりだな…」
「それ悠人がおかしいだけみんな飲んだけどぶっ倒れた…」

「お前なぁ」
ひらっ
「うわぁ絶対神からの手紙じゃん」

{正解!神だよ!ねぇ悠人君帰る気になった?}

「まぁなこいつら連れて帰るさ多分」

{そうかい、言い忘れてたけどね帰るなら君の中にいるフェンリルを一旦分離しなきゃいけないんだ…}

「何故だ?」

{それはね、まずそもそも君たちの世界にフェンリルなんて動物いないでしょ?なのに君が帰っちゃたらどうなっちゃうと思う?}

「フェンリルはいたって事になって世界が書き換わる」

{正解!でも一つだけそれを回避する方法がある…それはフェンリルと悠人君を分離してフェンリルを魂のみにするの、でも大丈夫フェンリルは勝手に禁書庫に入るから}

「なるほどな、でもそれって魂の容量に空きができないか?」

{そう問題はそれ、君の体は今二つの魂が混ざって入ってるわけでそれを分離したら100の魂が50になちゃうわけよ、で一番怖いのがその50の中にやばい奴が入ったらどうなると思う?}

「下手したら飲み込まれるな」

{さすが悠人君、それでも良いんだったら帰っても良いよ、魂の分離は僕がするから}

「まぁなんとかなるさ…明日帰るか、みんなに伝えるよ」

{うんわかったじゃあね〜}

「みんな起きろ!」
悠人は全部説明した何もかも

「師匠大変ですね」
「お前他人事だな…まぁ良いお前ら俺らの故郷に行くか?下手したら一緒この世界に帰ってこれ無くなるが?」

「当然ついて行くぜ俺はな」
「僕も!」
「悠人に任せる」
「私は悠人殿の元で修行中だ断る理由がない」
「兄貴が行くなら行くよ!」

「わかったんじゃお前らの親とかに会いに行くか…」

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー318963

    大座?

    0
コメントを書く