妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

黒歴史

「まぁまぁ落ち着いて」
「はい、でもお父様後でぶっ殺しますね!」

「それも良いと思うが、殺すのは勿体ない、だから拷問で行こう!」
「やめて!、王虐めんのやめて!」

「まぁ良いです、で何故結婚なんかを許可したんですかルナ殿?」
「俺もわからん」

「悠人は強い、反応が可愛い、本人が気づいて無いだけで悠人はいろいろ人気がある、実は今でも黒ノ書悠人の黒歴史を持ってる(可愛い)、これだけ揃ってて好きにならない奴いない」

「やめてぇええ、俺の黒歴史暴かないでぇぇ!!、てかルナお前俺が何でそのノート持ってんの知っているんだ?」

「咲ちゃん、が教えてくれた全部悠人の癖やら、性癖、とかいろいろ…」
「もう嫌だ、俺寝る…[獣化]」

「言い忘れてた悠人はある一定以上超えると拗ねる(可愛い)」

「いろいろ、ぶっ飛んでやがるな…」
「そうですね、お父様」
「悠人、虐めんの楽しい!」

「早々言い忘れていたけどこれ俺のステータスね、はい」

「何これ、次元が違う…」
「そうだな、化け物としか思えん」

「まぁそれは良い、俺はフェンリルだそれでも良いか?」
「結婚は今は置いといて、でもこの人の下で修行がしたいです!」

「そうか、悠人殿頼めるか?」
「はいはい、頼まれました、おい!ストレア見えてるぞ」

「何故バレた!」
「光魔法の屈折を利用して見えなくしたんだろうが、俺は化け物だぞ、修行が足りん〜励むがよろしい」

「むぅ強すぎる…お父様!僕もこの人の下で修行したいです」
「行ってこい、だが俺が寂しいから週に一回帰ってきて…」

「「はい!」」
「じゃあな王様いや、アルフォンスさん」
[範囲内転移]

「まったく、やばい奴だったな…でも楽しかったな久々に」


「ただ今〜」
「ここが悠人殿の家なの?」
「師匠、言い忘れていたけど僕と姉さんは1歳しか離れてないんだよね」

「まじで!てことは、ストレアが14歳でフレイアが15歳か…お前らちっちゃいからもっと下かと思ってたわ」

「主帰ってたのか、ってその人達誰?」
「王様の息子に娘?」

「主に聞いたのが馬鹿だった、ルナ教えてくれないか?」
「うん、カクカクシカジカで…」

「本当にうちの主がすいませんでしたって謝っといてくれ、君たちのお父さんに…」

「ただ今〜おっ今日は誰かいるねお兄ちゃんこの人達は?」
「王様の娘と息子本日二度め」

「お兄ちゃんに聞いたのが馬鹿だったよ、ルナちゃん教えて?」
「うん良いよカクカクシカジカで…」

「ほんとすいませんでしたうちのお兄ちゃんがって謝っといて下さい…」

「あっ俺今めっちゃデジャヴ感じてる」
「「どつきまわしたい」」

「仲が良いのですね、皆さん」
「そうだな、俺は全員家族だと思ってるよ」

「お兄ちゃんはこんなんだから無茶するんだよ」
「早々ルナ!、咲!お前ら俺の黒歴史を暴露した罪でお仕置き決定な!」

「嘘でしょ…お兄ちゃんのお仕置きは嫌だぁぁぁあああ」
「道連れ…私一人嫌」

「主明日里に戻って良いか?ちょっと呼ばれててな」
「良いが俺も連れてけ、お前の里の近くにダンジョンがあるから」

「わかった」

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く