妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

反応が可愛い王様の娘

「師匠はなんでこんな武器やら魔法やら持ってるんですか?」

「絶対誰にも言うなよ、これが俺のステータス」

「!!師匠すげぇ!ていうか師匠神獣様だったんですね!」
「まぁな気にするな、そろそろ着くぞ」

「そうですね、門番に話してきます!」

「はっストレア様!どこに行ってたのですか?」
「いえ少し散歩を…とりあえず中に入れてください、ここ方も」

「いや、俺は良いよ」
「良いから入ってください!」


無理やり押されて入ってしまった…

「お父様に説明して来ますね」
「わかった、ここで待ってるよ」
(5分後)

「お父様が玉座まで連れてきてくれって言ってるので連れて行きますね!」
「ういー」


「お主が我が息子に魔法を伝承したのだな…礼を言う、ありがとう」
「良いよ、別に俺はなんもしてないしな」
「おいお前!国王陛下にタメ口をするとは何事だ!」

「良い良い、この者は多分だがここにいる全員が突っ込んでも勝てんからあまり挑発するで無いぞ」

「おい!なんかその言い方だと俺が馬鹿みたいに聞こえるじゃんかそんな雑魚の挑発になんか乗るかよ」

「そうかそうか、まぁ良いだが聞きたい事がある」
「なんだ?」

「何故我が息子に魔法を伝承したんだ?」
「んー昔の俺に似てたから?かな」

「わっはっはそうか、これは面白い拾い物をしてきたな、お主にコレを」
「この指輪何?」

「コレは最上位の通行許可証だコレを使えばこの城にも入れるし、貴族がいも行けるぞ、それとコレ」

「金はいらねーよ、この指輪で十分だ」
「ちょっと待ってくれ、皆の者この部屋から出てくれぬか?」

(全員)「はっ」

「あ〜疲れた、本当俺敬語嫌いなんだよ」
「えらい変わりようだな王様」

「そうだな、さて担当直入に言う、我が娘と結婚してくれないか?」
「!!ちょ待て待て俺結婚してんだけど」

「そうなのか?ならお願いだその者連れてきてくれないか?」
「わかった」
[テレポート]


「おっいたいた、ルナちょっと来て」
「何?」
[範囲内転移]


「うぉ!急に来るなぁ」
「悠人ここどこ?」
「ここは王様の家?」

「もう良い、悠人に聞いたのが間違いだった、でもなんとなく察した」
「サンキュ」

「あのう良いかな?」
「「うん」」
「良かった、あのルナ殿第二の妻として、我が娘を悠人殿の婿として結婚さしてはくれないだろうか」

「う〜んそれでその子は?」
「ちょっと待ってくれ」
{おい、フレイアこっちまで来るんだ}
{何ですか?}

ガチャ
「ただ今来ました、でご用件は?」
「この堅苦しいのが我が娘だ」
「ちょお父様、堅苦しいって何ですか!!」
金髪で紫の目、それでいて美人かてか反応可愛いな!

「悠人…後でベットに縛り付けて、足の裏をこちょこちょするよ、それ以上私以外の女の子を可愛いって思ったら…でも咲ちゃんは良い」

「はい…申し訳ございませんでした…」
「よろしい」

「それでだ、許可をくれるか?」
「良いよ、でも条件がある」
「条件とは?」

「私の事をお姉ちゃんと呼んでくれれば良いよ」
「「何その条件…」」

「はい?ちょっと良いですか?」
「何の話をしてるんでしょうか?」
「えっフレイアお前の結婚話しだが?」

「だから、いつも一人で勝手に決めるなと言っとるだろうがぁぁぁぁああああああ!!!」

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く