妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

国の息子!?

(悠人とルナが結婚して1週間後)

「おはよ〜」
「うぃー」
「おはよう」
「おはようございます!」

「あぁ今日俺ちょっと出かけるわ」
「そうかなんでだ主?」
「んー暇だから?」
「そうか行ってらっしゃい」
「行ってくる〜」
ガチャ


さて街でもぶらぶらするか〜

あの串焼き美味そうだな…
「すいませんこれ一本下さい」
「あいよっ銅貨一枚だ!」
「はい」

「毎度あり!」
パク
「うまっ」
ん…なんだあの男ども?怪しいなちょっと見てみるか


「ヒッヒッヒ兄貴これで俺らは大金持ちですね!」
「そうだな、この国の王子をさらってきたんだ、身代金を要求して、金を貰って後は豪遊だ!」

「「わっはっは」」
ウソやん…こいつら馬鹿だろまじか助けるか
[ファイヤーボール]×2
「えいっ」

「なんだ?、ぎゃあぁぁああ、熱いぃぃいい」
「燃えるぅぅぅううう」
「逃げたか、無事か?」

「うん!ありがとう獣人のお兄さん!」
「良いよ、君家どこ?送るよ」
「あれ!」

「えっ」
少年が指を指したのはこの国の城だった…
「そうかとりあえず行くか」
「うん!」


「お兄さんとても強いね」
「そうかぁ?まぁ強いって言ったら強いのかもな」

「うん!絶対に強いよ、羨ましいな僕は武器も魔法も全く才能が無くてダメダメなんだ」

「そうか…ちょっとステータス見て良い?」
「うん良いよ!」
[鑑定]

名前
アルカディア バーン ストレア

種族
人間

職業
王子

レベル
5


100
生命力
300
器用
300
俊敏性
400
知力
測定不能
魔力
200

300
スキル

加護

「スキルが無いって事か」
「はい、そうゆう事です…」
知力が測定不能って俺の昔に似てるな

「なるほどな…なぁストレア君、君は魔法が使いたいか?」
「はい!使いたいです!」

「そうかちょっと待ってくれ」
[魔法創造]
[魔法伝承] [惑星創造]
完全にチートだな

[惑星創造]
「うぉっこれは凄い」
(名前をお付け下さい)
「名前かぁダンデライオンでお願い!」

(わかりました、惑星ダンデライオンが出来ました)

「良しついてきてくれ」
「はい?」
[範囲内転移]


「おっと」
「無事か?」
「はいここは?」
「俺の惑星だと思ってくれ」

「はぁ…」
「んじゃ、ストレア、お前にこれをやろう[死鎌デスイーター]こいつはちょい扱いにくいが性能は抜群だ」

「これ神器ですよね!良いんですかこんな物貰っちゃて」
「良いよ別に俺のお古だし、次だ次」
[魔法伝承]
[全属性魔法] [空間魔法] 
[次元魔法] [極学び]
「はい、これでお前に俺の魔法を伝承した、後はひたすら魔法打って鎌ぶん回せばいずれか強くなるから、頑張ってくれや、俺は寝てるから」

「はい!ありがとうございます!」

[ステータスオープン]

名前
アルカディア バーン ストレア

種族
人間

職業
王子

レベル
5


100
生命力
300
器用
300
俊敏性
400
知力
測定不能
魔力
4000

300
スキル
[全属性魔法] [空間魔法] 
[次元魔法] [極学び]
加護
フェンリルの加護

「フェンリルの加護?なんで神獣様の加護が付いてるんだろ?しかも加護のお陰で魔力が上がってる!打ちまくろう!」


(3時間後)

「もうダメ…」
バタン

どうやら魔力切れが起きたっぽいな
仕方ない
何故こんな悠人がストレアにここまでするかというと、昔の自分にちょっと似てるとこがあったからである…


[黄金の再生ゴールデンリカバリー]
「この少年の魔力を回復せよ…」

「うっこの光は…はっそうだ!魔法!」
「おいおいちょっと落ち着け」
「はい」

「ステータス見てみろ」
[ステータスオープン]

名前
アルカディア バーン ストレア

種族
人間

職業
王子

レベル
100


10000
生命力
10000
器用
10000
俊敏性
400
知力
測定不能
魔力
10000

300
スキル
[全属性魔法] [空間魔法] 
[次元魔法] [極学び]
加護
フェンリルの加護

「何これ!!」
「そのステータスは俺が伝承した魔法極学びの影響だ能力はまぁ言っちゃえば、全ての事を物凄い速さで学べるってとこかな」

「そんな魔法を僕にくれたんですか?」
「まぁな俺は別にいらないし(試しに作っただけだしな)
まぁ頑張れ!ちなみに俺の家は」
悠人はいろいろ話した


「さっ町に帰ってきたしお前ん家向かうか」
「はい!師匠!」

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く