妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

ルナとデートする?!

「おはよう、ルナ」
「ん、おはよう、悠人今日暇?」
「まぁ暇と言ったら暇かも知れないな」

「むぅ〜暇って言って!」
ゴンッ
「はい!暇です!、頭割れたんじゃね…」

「大丈夫、悠人の方が強い、割れない」
「さいですか、んでなんで今日俺を無理矢理、暇と言わせたんだ?」

「無理矢理じゃない」
バキッ
「はい!絶対折れた…」

「今日は悠人とデートがしたい」
「ほう、なるほど…えっ!ちょちょえっ!」

マジかぁぁぁあああ!!嘘だろ…俺そろそろ死ぬんじゃね?
「悠人?」

「良いのか?」
「うん、行こ」
「じゃ行くか」


(咲、バルside)
私達は物が割れた音がしてお兄ちゃんの部屋の前にいた
「聴いてた、バルちゃん」
「あぁ、がっつり聴こえたぞ」
「お兄ちゃん(主)、がデート?!!!!」
「いやいや、主がデート、はっ?頭大丈夫か?」
「本当に大丈夫かなぁ…」


ヤベェ…俺デートとかした事が…咲とはあるが身内だし、どうしよう

「でよう悠人」
「あぁそうだな」


「やばい、バルちゃん逃げて」
「おう!」

「おはよう、みんな」
「おはよ、お兄ちゃん!」
「主おはよう」

「今日ちょっとルナと出かけるから、好きにしてて良いよ」
「「あっはい」」

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く