妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

送った者

「お主よ、儂は生き過ぎた、じゃから肉体は要らん」
「それはどういう事だ?」

「儂は、生まれてからのう、仲間という者は奴ら七つの大罪しか知らんかったのじゃ、じゃがお主らに会ってから仲間という者が、やはりどれだけ大事という事が思い知らされた、じゃからお主もその仲間を大事にするのじゃぞ」

「やめろってそんな説教くさい事言うの」

悠人達は察したマモンは仲間の誰かにスキルを伝承して行ってしまうのだと、でも悠人達は泣くのをグッとこらえた最後まで笑って送る為に

「マモンおじいちゃん行っちゃうの?」グスッ
「マモン様今まで修行の手伝いありがとうございました」

「マモン行くの?寂しいよ、もうマモンの昔話聞かしてくれないの?」

「そうじゃのう、じゃが儂はお主らにと冒険を出来たのが楽しかった、本当に会えて良かった、バルドルよ、お主に儂のスキルを」

バルドルの身体に光の玉が向かった
「ありがとうござます、本当に…」

「マモン、俺もお前と会えて良かった、最後は俺のスキルで楽に送ってやるよ」

「頼む、奴ら七つの大罪よろしく言っといてくれ」
「「「「はい!」」」」

[天国への門ウリエル]
マモンの周りに光が纏った
悠人達は目は涙を浮かべてるけど笑顔で送った

「うわぁぁぁんんマモンおじいちゃん」
「咲マモンが行くまで泣かない…」グスッ、グスッ

「最後まで、色々物理だったな」
「マモン様このスキルは絶対に使いこなします!」

「達者でな!」

「あぁ」ポロッ
「主、今日は帰らないか?」
「そうしようか」
[範囲内転送]


「お前らもう今日は寝よう…」
「「うん」」
「あぁ」

皆んな部屋に戻りベットには寝転んだが、泣いていた、マモンは皆んなに魔法の使い方、戦い方を教えていた、その上でマモンは知恵アカシックレコードの中身も教えて行った

「ルナ、いつまでマモンと撮った写真見てんだ?」
「寂しい、悠人はまだ行かないでね」
「いかね〜よ」

「良かった」
チュッ
「えっ」
「お礼に私のファーストキスあげる」
「…ありがとよ、おやすみ」
「おやすみ」

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く