話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

アヴァロンって名前かっこいいよね!

「うっ…ここは?」
「目が覚めたか?ここはよくわからんが、命は助かったのう」

「ヤッホー!、久しぶりだねぇ、神だよ!」
[空間消滅]

「ぎゃっす、酷いじゃないか!」
「はぁ?何言ってるん?こっち転移したかと思ったら、フェンリルだぜ!!」

「うん、ごめんね、今日ここに来てもらったのはフェンリルの件と君が殺されかけた理由を説明するために呼んだのさ」

「どう言うことだ?」
「説明するから、なぜ君がフェンリルになった理由からだね、君が転移する時にたまたま、君の前のフェンリルが亡くなったんだ、でも普通は神獣が死ぬ時神の元に帰ってくるはずなんだよ、でもなぜかフェンリルは転移する君の魂と融合したんだ、それで融合した今の魂から情報を元に体を作られていったんだ、だから君が人化してる時耳と尻尾が増えただけで転移前の姿でしょ?」

「なるほど、それじゃフェンリルの件は仕方ないな俺も気に入ってるし、尻尾」

「それは良かった、それで次は君が殺されかけた理由を説明するね」
「あぁ」

「結構簡単な事なんだよね、理想郷の復活かな…」
「理想郷?何だそれは」

「理想郷そうだなぁ[黄金の林檎アヴァロン] [海底の国アトランティス] [生命の原点エデン] [至福の島ラプセル] [地底の世界アガルダ]この五つの理想郷が復活したんだ」

「なんか問題あるのか?」
「大ありだよ!みんな理想郷を攻略しようとしてくる、もし攻略できた者には理想郷スキルが授けられるんだ、その中にある、[生命の原点エデン]の能力がやばいんだ、生命を創れると言ったらわかるかな」

「なんか察した、もし誰かがエデンを攻略できたら、そいつが生命を創って軍を作るかもしれないから、その前に攻略しろって事だな」

「さっすが!でも君らを殺そうとして来たものは魔王軍だから気をつけてね!」

「魔王軍か…魔王は俺よりも強いか?」
「全然強くないよ!」
「はっ?」

「違うの魔王は理想郷攻略者何だ!」
「まじか…勝てるかな」
「理想郷スキルは全ての上に立つスキルだからねぇ〜頑張ってね!」

「まあ頑張るわ」
「うん!ありがとう、神の祝福がありますように」



昨日寝落ちてしまって書けなかったです、(´・ω・`)ごめんなさい…

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く