妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

死んだかもしれん!!

「マモン、禁書庫からはどんな記憶が読める…」
「何でもじゃな、お主の世界の事もわかるぞ、転移者なんじゃな!」

「あぁそれは置いといて、凄いな禁書庫って何でもわかるのか…帰り方もわかるかも!、おい!マモン俺らの世界に帰る方法はわかるか?」

「わからんのう、出てこないのじゃ」
「そうか」

「主!転移者だったのか?」
「言ってなかったけ?」
「行ってない、悠人いつも言うの忘れる!」

「お兄ちゃん!他に言ってない事ある?」
「う〜んあるかな?ウロボロスの時油断して右脚が義足になったぐらいかな?」

「「「はっ?」」」
「ちょちょ、え…それホントお兄ちゃん!」
ガチャ

「ほれ、立てなくなるから返してね」

「お兄ちゃん!何で言わないの!」
「悠人、足痛く無いの?」
「主、お前馬鹿?」

「ちょ言葉責めやめて…別に何とも無いよ、前の足より使えるし」

「そう言う問題じゃないの!」
「なんかごめん…返して歩けないから」

「うん、はい」
ガチャ
「お主良い仲間を持ったのう」
「何様だよ、でもそうだな、ありがとうマモン」

「良い良い、儂は七つの大罪しか仲間が居なかったからのう、こう言うのは新鮮じゃ」

「そうか」
[死終デットエンド]
「避けろぉぉぉおおお」
ダメだ間に合わない!嫌間に合わせる!

[魔法創造]
[絶対防御空間アイギス]
「間に合えぇぇええええ」

[絶対防御空間アイギス]!!!
「良かった、彼奴らは助かったか」
「お兄ちゃん!!」

悠人が居た場所には灰すら残らなかった…
「くっそぉおお、お前ら逃げるぞ!!主の最後の技を無駄にするな!!」
「うん!!」

「待って…悠人はまだ死んでない!!」
「はっ、そうか主が死んだらお前も死ぬもんな、でも今は逃げろ!!」

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く