妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

本当に迷子なっちゃた

どうしよう…とても寝にくい、普通共有部屋って二つベットあるじゃん、何でこいつはベット一つしか用意してないんだ?

「むにゃむにゃ」
はぁダメだ諦めて寝よう…

「んっ、はぁ〜眠い」
「おはよう悠人」
「おはようルナ」

「でるか…」
「うん」


「あっおはようお兄ちゃん朝ごはん出来てるよ!」
「まじか!」

「おはよう主」
「ん、おはようバル」
「そうそう今日この街にある、ダンジョンに行こうと思う…どうかな?」

「俺は別に良いぜ」
「私も」
「悠人が行く場所に着いてく」
「そうか、今日のお昼に行くか…」


「ここかぁ結構雰囲気出てるな!」
「そだな、入るぞ」
「「うん!」」

(ダンジョン1階層)
「結構広いな…迷子なりそう」
「お兄ちゃん来よつけてよ、方向音痴なんだから」

「へいへい…ってうわ!」
「お兄ちゃん!!」
「どうした!咲様」
「どうしたの咲ちゃん?」

「お兄ちゃんが急に消えちゃった!!」
「「えっ!!」」

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く