妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

良し武器を作ろう!

「ん、何だ?」
「僕はギルドマスターのカイン、ちょっとこっちきてくれるかな?」

「わかった…行くぞ咲」
「うん!」

「良かったぁ君たちが止まってくれて良く僕は影が薄いから気がつかれないんだ…」

[魔法創造]
[念話] [鑑定]
良し[念話]
(お〜い咲聞こえるか?)
(聞こえるなら俺念話をコピーしてくれ)

[コピー]
[念話] [鑑定]

(お兄ちゃん聞こえる?すごいねこれ!)
(すげえよな魔法って…)

(お兄ちゃん鑑定使わないの?)
(いや…使うぞ[鑑定])

名前
クエン カイン

二つ名
夜の支配者

種族
人族

職業
ギルドマスター(アサシン)

レベル
89


5200
生命力
4000
器用
3000
俊敏性
6000
知力
8000
魔力
3000

200
スキル
[夜目] [人体強化]
[闇魔法] [影魔法]
[毒魔法]
加護
暗殺神の加護

(うっわ何これ…)
(超暗殺特化だね…)

「着いたよちょっとここで話そうか…」
「「はい」」

「まず始めに君たちをギルドマスター特権でランクCにしようと思う…」

「何故ですか?」
「簡単な事さ、君たちが殺した奴らがCランクの冒険者だった事だね…、正直僕も勝てるかわからないぐらい強いでしょ?君たち」


「………」
「…まぁそれは置いといて君達に依頼をしたい…、正直僕も勝てないぐらいの強さの魔獣討伐なんだけどね…」

「そりゃ強そうだでもなぜ?他にいるでしょう?」

「理由は二つある、一つは君たちが僕より強い事…もう一つは他のSランク冒険者がここにいない事だ…」

「なるほどそれで…どうする咲、受けるか?」
「受けよう!」

「ありがとう!!良かったぁじゃあ早速向かってもらいたいんだけど場所は…ケンズの谷だ」

「…ここがケンズの谷ねぇ…」
「すごい深いね底が見えない…」

「さて俺らのには武器が無い…作るか…」
「お兄ちゃんどうやって作るの?」

「簡単な事よ」
[魔法創造]
[武器生成]

「…チートすぎるよお兄ちゃん…」
「さてと咲お前はどんな武器が良い?」

「魔剣が良い」
「わかった」

[武器生成]
二本の剣が地面に刺さった
「すげえ魔剣っぽい」

「お兄ちゃん鑑定して良い?」
「良いぞ」

[鑑定]

名前
魔剣デュランダル

武器スキル
[絶死] [再生]

名前
聖剣ファブニール

武器スキル
[絶勝] [再生]

「何これ…チートじゃん!知ってたけど…」

「まじか…俺も作ろ武器は何でもいいか」
[武器生成]

「…鎌?」
[鑑定]

名前
死鎌デスイーター

武器スキル
[五感喰い] [死の宣告] [再生]

「咲よりチートな武器でちゃったよ…」

「お兄ちゃんそろそろ行こ?」
「そだな…」


「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く