話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

俺人化できるやん…

「なぁ我が妹よ、背中に乗るのは良いんだがなちょっとそろそろ、疲れてきたかなぁ的な…」

「そうだね、ちょっと休憩しようかお兄ちゃん」

ふぅちょっとだけ休憩できる…

「咲ちょっとスキル使って良いか?」
「良いよ、お兄ちゃん!何使うの?」
「ん人化スキルだ」
[人化]

「何だ?体が光ってる」
「おっお兄ちゃん?」
「どうした咲?」

「お兄ちゃんがめちゃイケメンになってる!尻尾と耳もある!」
「まじか!おおすげえもふもふだ!」

「お兄ちゃんもふもふして良い?」
「良いぞ」
「ほんとだぁ、すごいもふもふだぁ」

「やばい、可愛い過ぎる!ヤバ鼻血が…」
「ねぇお兄ちゃんそろそろ行かない?」

「そうだな、行くか」
(草原を走って2時間後)

「あれ、街じゃないか?」
「ん〜見えないな」
「しゃーないか」
[魔法創造]
[千里眼]

「良しこれでオッケー、咲俺の千里眼コピーしろ」
「うん!ありがとうお兄ちゃん!」

「くそ可愛い、やべまた鼻血が」
「えっと」
[コピー]
[千里眼」

「出来たよお兄ちゃん!」「良し使ってみるか」
[[千里眼]]

「すげえ本当に遠くが見える、んあれ門じゃないか?」
「確かにすごいね、そうっぽいね行こうかお兄ちゃん!」

「おう」

「ここが入り口か…馬鹿でけえな」
ちなみにちゃっかり人化をしている

「ほんとすごい、お兄ちゃんあそこ、の列並ぼ」
「そだな」

「お次の方どうぞ、お二人ですね」
「「はい!」」

「通行許可証をお見せください…」
えっ何それ聞いてないやばい考えろ…
ふっこれで行ける、はず…

「あの俺たち通行許可証落としちゃった見たいでないんですよ…」

「そうですか、ではこの水晶にお触れください、これは犯罪歴がないか調べる水晶です、犯罪歴がある方は黒に光り、無い方は白に光ります」

「わかりました」
二人共白く光った

「通行許可します!ようこそアルカディアへ」

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く