妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで

00カイ00

俺ただのオオカミちゃうかったわ…

「くそっまじあのくそ神俺だけ転移ちゃうやんボケェ、人の姿すら保ってねぇじゃねーかよ」
「お兄ちゃん私はわんちゃん見たいで可愛いと思うよ」
「そうかなら良いか…」
「お兄ちゃんステータス見ない?
「そうだな」
[ステータスオープン]

名前
ヒョウズミ ユウト

種族
神獣フェンリル

レベル
15000



生命力

器用

俊敏性

知力

魔力



スキル
[次元魔法] [空間魔法]
[四大元素魔法] [人化]
[強化魔法] [錬成魔法]
[魔法創造]
加護
絶対神の加護
「何これ俺オオカミちゃうやんフェンリルやん…しかもチート過ぎる…」
「お兄ちゃんぶっ壊れだね〜私はどうかな?」
[ステータスオープン]

名前
ヒョウズミ サキ

種族
人族

職業
勇者

レベル
1


1500
生命力
2000
器用
3000
俊敏性
1300
知力
30000
魔力
50000

2000
スキル
[コピー]
加護
絶対神の加護 神獣フェンリルの加護

「お兄ちゃん私勇者だった…」
「そうだな…だが安心しろ俺はフェンリルだから…」
「お兄ちゃんこの草原地帯から出よ…」
「そうだな」

「妹と転移したんだが何で俺だけ狼何だ?…まじで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く