話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ポンコツ少女の電脳世界救世記 ~外れスキル『アイテムボックス』は時を超える~

kiki

029  きっと、この旅には意味があった

 




 長い道のりを経て、リレアニアにたどり着いたあたしたちは、門の前で立ち止まった。
 両側には門番の兵がそれぞれ1人ずつ立っている。
 異変に気づいたハイドラが右側の兵に近づくと、その顔を覗き込んだ。

「うわっ!?」

 途端に、のけぞりながら驚く。

「どうしたの、ハイドラ」
「この人……顔が、無い!?」

 そんな化物みたいな人間が居るわけが、とあたしも近づいて顔を覗き込むと――確かにハイドラの言うとおり、彼には顔が無かった。
 のっぺりと塗りつぶしたように、ただ肌色の肌があるだけ。
 嫌な予感がして、もう一方の兵の顔も覗き込むと、今度は口しか残っていなかった。

「ようこそリレアニアへ!」

 急に声を出す兵に、体がびくっと反応する。

「ようこそリレアニアへ!」

 意識があるのかと思ったけど――

「ようこそリレアニアへ!」

 違う、この人ももう、壊れてるんだ。
 あたしは振り返り、テニアの方を見た。
 故郷の人がこんな状態になってるってことは、もうミーンさんも――そんな考えが浮かんでしまったから。
 けれど、あたしと目を合わせた彼女は、意外にも笑顔を見せてくれて。

「行こう」

 まるで”わかってたことだから”と言わんばかりに、先陣を切ってリレアニアへと足を踏み入れた。

「無理してるってわけでもなさそうね」
「パッチラもそう思うかな、でも傍に居てあげた方がいいと思うよ?」

 テニアを追って進みだしたミカとパッチラが、すれ違いざまにあたしに言った。
 確かに、もしわかっていたとしても、覚悟を決めていたとしても、辛いものは辛いはず。
 あたしが、傍にいてあげないと。

「行こう、ハイドラ」
「うんっ!」

 遅れて、あたしとハイドラもリレアニアに入った。



 ◇◇◇



 テニアが暮らしていたという屋敷は、町の外れにあるらしい。
 あたしたちは彼女に案内されながら、リレーン公国最大の町の大通りを歩いて行く。
 本来なら人々で溢れているはずのその場所は――確かに沢山の人は居たけれど、どうにも様子が違っていて。

「あああああああああああああ」

 意味もなく叫ぶ人。

「いらっしゃい! いらっしゃい! 生きのいい魚だよ!」

 何も無い場所で客引きをする商人。

「あら、リンダさん! そこにいたのね。リンダさん、リンダさん? あら? リンダさーん!」

 ニールがそうだったように、居ないはずの誰かを探すおばさん。

 ただ行動がおかしいだけならまだいい。
 けれど、肌の色が変色していたり、体のパーツの位置が狂っていたりと、肉体的な異変が起きている人は見るに堪えない。
 資格だけならまだしも、周囲に滴る血やあらゆる体液、排泄物の匂いで、大通りは地獄のような有様だった。

 それでも、”わかっていた”とでも言うようにマイペースに進むテニア。
 あたしは彼女の隣に駆け寄ると、その手を握った。

「ルトリー……私は平気なんだが。人の死ならここに来るまでの間に何度も見てきたし、それに私は故郷の人々を愛しては居ないからな」
「それでも、隣で手を繋いでるぐらいはいいでしょ?」
「……ありがとう」

 お礼を言うってことは、やっぱり辛かったんじゃない。
 縁もゆかりもない人間が見たって辛いんだから、そりゃ縁もゆかりもある人間がみたらもっと辛いでしょう。
 それを少しでも軽減できたのなら――そして苦痛を分かち合えて”嬉しい”と思える関係になれたことも、あたしは嬉しい。



 ◇◇◇



 大通りを抜け、町の中とは思えないほど閑散とした――良く言えば自然であふれた道を抜けると、そこに屋敷はあった。
 庭だけで、あたしが借りてた家が10個は入りそうな、2階建ての豪邸。
 鉄格子の門を開くと、真っ直ぐに玄関に向かって進み、テニアは淡々と両開きの扉に手をかけた。
 鍵はついているようだけど、かかってはいないみたいで。
 ギイィィィ。
 テニアガ両手に力を入れると、扉はたやすく開く。
 そしてあたしたちは、広いエントランスに迎えられた。
 天井にはシャンデリア、床には赤いカーペット。
 壁には数々の絵画が飾られ、壁際に置かれた華美な絵が描かれた花瓶には――しなびた花が刺さっていた。
 テニアもあたしと同じく、一瞬だけ花瓶に視線を向けると、目を細めてすぐに別の場所を見た。
 気づいたんだと思う、しばらく誰も世話をしていないってことに。
 けれど彼女は見なかったふりをして、入って左にある扉へと向かった。
 扉の向こうには、廊下が続いている。
 家の中なのに迷ってしまいそうな広さで、やっぱり王族となると違うんだな、と実感させられる。
 テニアは迷いなく廊下を進むと、一番奥の扉の前に立った。

「ここがミーンの部屋だよ」

 曰く、この部屋で、ミーンさんは他の使用人に世話をしてもらっているそう。
 その割に、ここまで1人も使用人を見かけなかったけれど――果たして、本当にここにいるのかな。
 いや、というより……居ない方が、テニアにとって幸せなんじゃないか、って。
 そう思うんだ。
 けれどこれはテニアの事情、あたしが口を挟むことじゃない。
 彼女はドアノブに手をかけると、ゆっくりと開いていった。
 部屋の中から漂ってくる、奇妙な匂い。
 甘い花の香りと、生くさい臭いが混じって、吐き気を催してしまう。
 反射的に手に口を当てた所でテニアと目があって、あたしは慌てて手を降ろした。

「ごめん、ミーンさんの部屋なのに」
「いいよ、私も気持ち悪いと思ったから」

 臭いの正体は、部屋に入るとすぐにわかった。
 ベッドに横たわる、痩せこけた女性の死体。
 そして、死体の周囲に撒かれた透明な液体は――コロン、みたい。
 誰かが腐敗臭に焦って、かけたのかな。
 奇妙な部屋の状況に首を傾げつつも、ふと部屋に隅に目をやる。

「ひっ!?」

 思わず引きつった声が出てしまう。
 なにせ、そこには膝を抱え俯いた女性が居たんだから。
 金色の髪が完全に顔を隠していて、怪しいことこの上ない。

「まさか、クラン?」

 テニアが一歩前に出て、彼女に問いかける。

「クランって?」
「ここのメイドで、ミーンの世話も見てたはずなんだけど」

 つまり、姿の見えない屋敷のメイドの1人、ってことね。
 それがどうして、死体の眠るこの部屋に?

「テニア、さまですか?」
「ああ、私だよ」
「あぁ……良かった、無事だったのですね。無事に、帰ってきてくれたのですね!」

 顔を上げたクランは嬉しそうに笑顔を浮かべたけれど、やはり彼女の頬がこけてしまっている。
 長い間、この部屋に何も飲み食いせずに居たのかもしれない。

「一体何があったんだ?」
「屋敷のみんなが、おかしくなっていって……助けを求めに町に行っても、城に行っても、みんなおかしくて。まともなのは、ミーンさんと私だけでした」
「ミーンが……」
「でも……ミーンさんが、先に逝ってしまって……私も、このままじきに死ぬんだろうな、って」
「じゃあ、あのベッドの上に寝ているのは」
「はい、ミーンさんです」

 ああ、やっぱり。
 変わり果てた姿で、目を背ければ他人だと思いこむこともできた。
 けれど、こうしてクランの口から聞いてしまった以上は、もはや認めるしかない。
 テニアが命をかけて旅をしてでも助けようとした女性は――すでに、息絶えていた。
 必死に探した薬草も、リレアニアまでの旅も、結局当初の目的は、何も果たせなくて。
 あたしですら、途方もない失望感でいっぱいなのに、テニアはどんな気持ちなのかな。

「ミーン……」

 ふらふらと、覚束ない足取りでベッドへと近づいていく。
 そして、腐敗の始まったミーンの頬に触れ、下唇を噛んだ。
 わかっていても、覚悟していても、流れるものは流れる。
 雫が、頬をひと伝い。
 静かな部屋に微か、ぽたりと涙が滴り落ちる音が響いた。
 彼女にかける慰めの言葉は持っていない。
 あたしも、ハイドラも、ミカも、パーチラも、そしてクランも、部屋に居るものは全て、彼女の涙を静観することしかできなかった。



 ◇◇◇



 ミーンの死の真相は、クランの持っていた彼女の遺書と、そして彼女自身の持つ情報によって明かされることとなった。
 あたしたちはミーンの部屋の隣、クランの私室に集まり、彼女の話を聞いている。

「ミーンさんは、病気なんかじゃなかったんです」
「だったらどうして?」
「おそらく、女王陛下の指示で食事に毒を仕込まれたのではないかと」
「そんな馬鹿な、何のために!?」
「……嫌がらせですよ、テニア様に対する」

 それを聞いたテニアは、顔に手を当てながらふらりとバランスを崩した。
 慌ててあたしとハイドラが近づき、体を支える。
 テニアはあたしたちに抱きとめられながら、「そこまで……」と絶望しながらつぶやいた。

「おばあさまは、そんなに私の事が嫌いだったのか」
「テニア様……」
「お父様もそうだった。やはり、私に血の繋がった家族などは居なかったということか」

 クランは無言だった。
 それは肯定を意味していて。
 いたたまれなくなったあたしは、テニアの体を強く抱きしめる。

「ルトリー……ふふ、心配してくれているんだな」
「当然じゃない」
「……やはりそうだ。血の繋がった家族は居ないが、血の繋がらない家族なら見つけることができた」

 抱き合うあたしたちを見て、クランが優しい目をテニアに向ける。

「そう呼べる人がミーンさん以外に見つかったんですね、テニア様」
「ああ、旅に出たおかげでな」
「それならミーンさんも浮かばれます。死ぬ前も、そして遺書でも、ずっとテニア様が孤独になることを心配していましたから」

 ミーンさんの遺書には最後まで通して、テニアに対する想いが綴られていた。
 毒やテニアの親に関する不幸な話は一切省かれ、ただただ、綺麗な思い出を遺し、幸福な未来を願う文章が、ひたすらに。
 それを見ただけで、ミーンさんという人物がどれだけテニアのことを想っていたの、すぐにわかってしまう。
 そして同時に、果たしてあたしなんかの気持ちで彼女に勝てるのかな、って不安も。
 いや――この場合、不安じゃなくて、”勝たないといけない”っていう決意にしとかないとね。

「そういえば、テニア様はこのあとどうするつもりなのですか?」
「リレアニアが最終目的地だったんだ、ここで明日まで休んで、そして――」
「そして?」

 メサイアプロジェクトの始動を、待つ。
 けれどそれを、今からクランに説明しても彼女を混乱させるだけ。

「ゆっくり、大事な人との時間を過ごそうと思う」
「そう、ですか。そうですね……それが、一番だと思います」
「クランはどうする?」
「私は、実はリレアニア内に好きな場所がありまして、そこで最後を待とうと思っています」
「そうか、ならじきにお別れだな」
「はい、最後にテニア様と会えて。そしてまとも・・・な人間と話せて、私は幸せでした」

 クランは心の底からの笑顔を見せてくれた。
 世界の崩壊を前にして、あたしたちの存在が少しでも誰かの支えになったのなら。
 ここに居るだけで希望になるというのなら、ここまで必死でたどり着いた甲斐もあったってもの。

 それから数時間後、準備を終えたクランは屋敷を出ていった。
 最後にあたしたち一人ずつとしっかり握手して、”生きた人間の感触”を手のひらに焼き付けて。
 言うまでもなく、それは最後の別れである。

 その後、あたしたちはテニアの屋敷でゆっくりと休みながら、翌日の正午――メサイアプロジェクトの始動を待った。





「ポンコツ少女の電脳世界救世記 ~外れスキル『アイテムボックス』は時を超える~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く