ポンコツ少女の電脳世界救世記 ~外れスキル『アイテムボックス』は時を超える~

kiki

021  この世界は終わりました。終わりました。終わり。終わ、り。り、り。

 




 ニールの最期を看取ったあたしは、頭を抱えながら部屋に戻った。
 ”まだここに居たい”と主張したけれど、サーラに強引に追い出されたから。

「ママ……」

 ハイドラはあたしに寄り添い、肩を抱いてくれている。
 気休め程度ではあるけれど、その心遣いが嬉しかった。
 テニアは、部屋に入る直前にあたしたと別れて、お手洗いへ向かった。
 気持ちはよくわかる。
 あたしだって、本当は倒れてしまいそうなほど最悪の気分だもん。

 コンコン。

 その時、誰かがドアをノックする音がした。
 あたしの代わりにハイドラが「どうぞ」と返事をすると、ミカが部屋に入ってくる。

「戻る途中で聞いたけど、さっきの子供……亡くなったらしいね」
「死んだってより、壊れたって感じだったわ」

 最初は言動がおかしいだけだった。
 けれど次第に体の色が変色し、不気味な模様が全身に広がり、最後には体が変形して息絶えた。
 そして――ニールが命を落とした直後に、ルークもまた、おかしな言動を繰り返し始めた。
 たぶん、あの子も、もう――

「ねえミカ、あんた知ってるんじゃないの? あのミナコって正体不明の女の人もそう、全部わかってるんでしょ!?」

 ミカが悪いわけじゃないのは知ってる。
 八つ当たりだってわかってても、それでも、あたしはこの行き場のない気持ちをぶつけずにはいられなかった。
 ミカはあたしの言葉を受けて目をそらすと、ぽつぽつと語り始めた。

「FSO――フェアリー・ストーリー・オンラインはね、サービスを終了したの」
「サービス?」
「ここは現実世界の人間――つまりフレイヤが遊ぶために作られたゲームの世界。採算が取れなくなれば、もちろん終わらせなければならなくなる」

 よくわからない。
 採算とか、ゲームとか。
 だって、あたしたちはここに、意思を持って生きてるんだよ?

「神様が世界を作ったとか、そういう話?」
「見方によっては同じなのかもしれないね。だとするなら、すでにこの世界は神様から見捨てられたってことになる」
「そんなの身勝手じゃない!」
「身勝手と言われても、所詮はゲームでしかないから。FSO――つまりこの世界は1つの塊で、サービスを終了した瞬間にデータの海に放流されたの。やがてゆるやかに崩れていって、跡形もなくなってしまう」
「ニールが死んだのも、ルークがおかしくなったのも、その影響ってこと?」

 ミカはゆっくりと首を縦に振る。

「影響はそれだけじゃない、もっとわかりやすい形でも崩壊も進んでる。さっき確認してきたけど、おそらくドライネイト帝国とフォリス王国の西半分は、すでに存在してないんじゃないかな」
「な……! ってことはつまり、クロープス大陸の半分近くがもう消えてるってことじゃない!?」
「そういうことになる、かな」
「ねえ、それを止める方法は無いの? フレイヤだったらどうにかできるんじゃ……!」

 返事はない、無言だった。
 つまり答えはノーってことで。

「この世界に居る人間だけじゃどうにもならないの、外から自由に出入りできる誰かじゃないと――」

 フレイヤたちがこの世界に来たり、居なくなったりできることは知ってた。
 でも、てっきり別の空間に移動してる程度にしか思ってなかったけど、要は”外”に帰ってたってこと?
 じゃあ、ここは”内”で、作られた場所で、つまりあたしたちは……フレイヤにとって、ただの物語の登場人物に過ぎない、のかな。
 だから、簡単に捨てることができる。
 あたしがどう喚こうが、外の人間にとってあたしたちの命なんて塵ほどの価値も無い。

「もう、どうしようもないんだ」
「……今のところは」
「そんな……よくわからないけど、ママと離れ離れになんてなりたくないっ!」

 あたしを抱きしめるハイドラの腕に力が篭もる。
 こんなに暖かいのに、心臓の鼓動だって聞こえるのに、あたしたちは命じゃないの?
 あたしだってやだよ、離れたくないよ。
 ハイドラとも、テニアとも、サーラともルークともサワーともニールとも、誰とだって離れ離れになんてなりたくない!
 本当は、”世界の終わりなんてありえない”って笑い飛ばしてやりたいぐらいなのに。
 なのに――目の前で壊れてしまったルークとニールを見てしまったから、楽天的に崩壊から目をそらすことも出来ない。
 終わってる。
 詰んでる。
 あたしにできることは、何も……ああ、でも。
 それでも……。
 あたしは、諦めたくない。
 生きていたい。
 この命に、しがみついていたい。
 せいぜい5年分の記憶しかないけど、それでもこの5年間みたいな日々がずっとずっと続けていけばいいって、強く強く寝返るような毎日だったから。

「世界は、西から壊れていってるのよね?」
「うん、たぶん」
「なら、最後に壊れるのは……リレアニアってことになるわ」

 どのみち最初からそのつもりだった。
 なら、最後まで貫き通そう。
 で、頑張って生きて、生きて、限界まで生きて、諦めるなら――そこまでやってからでも、遅くはない。

「予定通り、リレアニアに行きましょう。みんなにも声をかけて、少しでも長い時間生きられるように」
「……前向きなんだね」
「ママは強いから!」
「やだな、そんなんじゃないよ。強がってなきゃ……やってらんないもん」

 ただの虚勢でしかない。
 それでも、他の人があたしの強がりで少しでも救われてくれるのなら。
 これほど嬉しいことは、他にない。



 ◇◇◇



「いいよ、私はここに残る」

 ――一緒にリレアニアに行こう。
 絶対にイエスの返事が返ってくるはず、そう確信していたあたしにとって、サーラのその言葉はあまりに予想外の言葉だった。

「どうして!?」

 ここにはサーラとあたし、2人だけしかいない。
 ニールはすでに宿の外に運び出されていて、粛々と葬儀の準備が進んでいる。
 ルークは別の部屋に隔離されていて、ここからでも微かに異様な笑い声が聞こえていた。

「逃げたって無駄さ、じきに私もニールと同じ運命をたどるだろう」
「そうとは限らないわ!」

 興奮気味で主張するあたしに対して、サーラは自分の手の甲を見せつけた。
 その小指と薬指は、毒々しく紫と赤、そして緑の入り混じった色に変色していた。
 ニールも死の直前、同じ状態になっていた。
 ミカは確か――”テクスチャ”がおかしくなってる、って言ってたっけ。

「さ、サーラまで……」
「実はね、さっきあんたが部屋に戻った後、カルアの様子もおかしくなり始めたんだ」
「うそ……あの子が、そんな……」
「ニールにルーク、そしてカルア。全員、私が最初の孤児院を始めるときに連れていた子たちだ」

 そんな共通点に、何の意味があるっていうんだか。

「馬鹿げた話と思って笑ってくれ。私は思うんだ、ひょっとすると古い順・・・におかしくなってるんじゃないか、ってね」
「古いって……みんな年齢はバラバラじゃない!」
「この世界はフレイヤを前提にして成り立っている、私たちNPCはしょせん付属品でしかない」
「だからそれは違うって!」
「だとしたらだ、だと仮定したら――この世界の誕生は、フレイヤが現れた10年前なんだ。全てはそこを基準に決まっている、います」
「基準なんて、あったって無くたってどうだっていい! みんなで一緒に逃げようよ、サーラ。リレアニアまで逃げればまだ助かるかもしれないの!」

 サーラの肩を掴み、前後に揺さぶりながらあたしは感情を込めて伝えた。
 一緒に生きたい、諦めないで欲しい、きっとどうにかなる――
 説得力が無いってことはわかってるけど、それでも少しでもあたしの想いを理解して欲しい!
 でも――そんなあたしの想いは届かなかった。
 ふっ、とサーラの目から光が消え、まるで壊れた人形のように口がパクパクと動き出す。

「ようこそピリンキへ、あんたが新しいフレイヤかい? 私はサーラ、この孤児院の運営をしているシスターさ」
「……サーラ?」
「ああ、あんたが今回の依頼を受けてくれたフレイヤか。見ての通り貧乏孤児院だから大した報酬は出せないけど、よろしく頼むよ」
「ねえ、サーラ?」
「子供を見つけてくれてありがとね。勝手に出ていった上に迷子になるだなんて、あとでしっかりと叱っておかないとねえ」
「サーラぁッ!」

 あたしの声は届かない。届かない。
 サーラはあたしにとって母親みたいな存在で。
 彼女が居なかったら、今のあたしは居なくて。
 彼女が居なかったら、今の元気な子どもたちだって居なくて。
 なのに――こんな――!

「だから言ったろう?」

 泣き崩れそうになるあたしの頭に、ぽん、と優しい手のひらが乗せられる。

「あ……サーラ、元に……」
「少しずつ長くなって、じきに元に戻れなくなる。だから、無駄なんだよ、もう」

 当の本人が怖くないわけがない。
 あたしはその時、生まれて初めて、サーラの涙を見た。
 釣られてあたしも泣いて、サーラの胸に抱きしめながら泣いて。
 そんなあたしを、彼女はまるで本当の母親みたいに優しく抱きしめてくれて。

 ふいに、腕から力が抜ける。
 また、サーラが意味の分からない言葉を繰り返し始める。

 その時、あたしは――もう彼女は手遅れなんだと、明確に悟った。



 ◇◇◇



 翌朝、あたしたちはミカと共にドリュウンを旅立つ。
 ピリンキの人々を置いて。
 もう二度と会うことは無いだろう、そんな確信を胸に抱きながら。





「ポンコツ少女の電脳世界救世記 ~外れスキル『アイテムボックス』は時を超える~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く