ポンコツ少女の電脳世界救世記 ~外れスキル『アイテムボックス』は時を超える~

kiki

016  そんで昨日の味方も今日の敵になるから、世界は敵だらけだ

 




 血しぶきが舞う――
 矢はあたしを庇うために飛び込んできたストールの肩に突き刺さり、そして彼はそのまま倒れた。

「う、ぐ……」

 傷口を抑えながら、苦しそうに悶えるストール。
 あたしは彼を助けようとしゃがみ込むけれど、そうしている間にもボウガンの次弾が装填され、さらに背後からは剣と槍が迫っていた。
 万事休す、一巻の終わり。
 そんな言葉があたしの脳裏をよぎる。
 いや、まだ諦めるには早い。
 抵抗はあるけど、自分が死ぬぐらいならいっそアイテムボックスでこの男たちを――

「貴様ら、何をしているッ!」

 その時、場を切り裂くような鋭い女性の声が響いた。
 剣と槍を持った男の後ろに現れたのは、軽装の鎧を纏った冒険者。
 彼女は赤い長髪を揺らしながら、殺気のこもった視線を男たちに向ける。

「現地の人間に手を出すなと指示したはずだぞ!」
「襲い掛かってきたのはあちらの方です」
「だとしても、トドメを刺す必要がどこにあるというのだ?」
「脅威の排除が必要だと私自身が判断しました」
「はっ、上官の命令より自分の意志を優先するか、いつからそこまで偉くなったのだ貴様は!?」
「ヴァイオラ様は話の分からないお人だ」
「なっ――」

 男たちは剣と槍を、あろうことが上官を名乗る女性――ヴァイオラと呼ばれた彼女に向ける。
 よくわかんないけど、あの人達の様子がおかしいってことはわかる。
 まさか――と思って首を見てみると、そこにはストールに刻まれていたものと同じ模様があった。

「どなたか知りませんが、その人たちは悪意の種を埋め込まれているみたいですっ!」

 そう伝えると、彼女は「チッ」と舌打ちをした。

「悪魔が徘徊しているのを見たという報告は聞いていたが、やはり種を埋め込んでいるのは連中か。まあ、だとしても――上官命令に反した罰は受けてもらうがなッ!」

 ヴァイオラが踏み込む。
 同時に、2人の兵士も武器を彼女に向けるけれど、それらが武器としての役割を果たすことは無かった。
 バキィッ!
 目にも見えないほどの速さで放たれた剣術で、へし折られてしまったから。
 武器を破壊すると、ヴァイオラはアーツも何も使わずに、シャドウステップとほぼ同じ速さで兵の背後に回り込み、彼らを気絶させた。
 あの兵も結構強そうだったのに、この人の強さは――次元が違う。

 あたしが唖然としていると、今度はこちらへ向かってくる。
 思わず手で頭をガードしてしまうけど、どうやら狙いはあたしじゃないみたいで。
 彼女の視線の先に居るのは、ボウガンを構えた兵。
 パシュッ!
 矢が放たれるも、ヴァイオラは命中前に手でそれをつかみ取り、投げ捨てた。

「ひいぃっ」

 悪意の種を埋め込まれた男が、怯えたような声をあげる。
 感情が暴走してもなお、ヴァイオラの強さには畏怖を感じざるを得なかったのか。
 彼女はボウガンに次の矢がつがえる前に男に接近、剣を振り下ろし武器を破壊する。
 そして、拳で顔面を殴りつけ、男を気絶させた。

「ヴァイオラ……シューミール……」

 ストールが苦しそうに言った。

「誰なの?」
「帝国の将官ですよ。帝国の病を治すために来たんだろ……」

 そういや、ストールも帝国に薬草を売るつもりとか言ってたんだっけ。
 誰かから買わなくても、直接取りに来れるならそっちの方がいいもんね。
 そのために将軍直々に出張ってくる理由はよくわかんないけど。

「申し訳ない、私の部下が迷惑をかけてしまった」

 ヴァイオラはストールに近づくと、しゃがみこんで患部を観察した。

「毒は塗られていないが酷い傷だ。治療せねばな、ついてきてくれるか?」
「お断りします」
「何?」
「他人の手を借りるのは、俺の悪の流儀に反するもんでねェ」

 ……さっきあたしに助けられてなかったっけ。
 ま、本人の中に何かしらの判断基準があるんでしょうね。
 そういうことにしといてあげましょう。
 ヴァイオラの手を跳ね除けたストールは、壁を使いながら立ち上がり、3階層へと戻っていく。

「どうやら連中も近くまで来てるみたいですからね。俺ァここでリタイアだ、あとは勝手にやりな」

 階段の向こうには、確かに黒ずくめの男たちの姿が見える。
 その隣にはハイドラとテニアの姿も。
 どうやらあっちはあっちで合流して、協力しながらここまでたどり着いたみたい。

「ストール、あたしをかばってくれてありがとね」
「貸しは返しましたよ」
「それは巨人のときに十分返してもらったじゃない」
「あれは自分の身を守るためにやったことだ、貸しとは関係ねえよ」

 それでも――なんて言っても、彼は納得してくれないんだろうな。
 あたしはそれ以上ストールに語りかけるのを諦め、大人しくその後ろ姿を見送った。

「ママぁぁぁっ!」
「ルトリーッ!」

 あたしを見つけた2人が、まるで数年ぶりの再会みたいに涙を浮かべながら駆け寄ってくる。
 せいぜい数十分程度じゃない、大げさねえ。
 とか言いながら、あたしもちょっと泣きそうになってるんだけどね。

「よかった、2人とも無事だったのね」
「ママこそっ! 大丈夫? 無事だった? 怪我はない!?」
「自覚症状が無いだけで毒にかかっている可能性もある、念のためにポーションを――」
「大丈夫大丈夫、色んな人に助けられたおかげで平気だから。それに、あたしだって結構強くなってるんだからねっ」

 9割9部装備のおかげだけど。

 さて、こうして無事に合流できたことだし、漆黒の葬送団も撤退したし、早速5階層を目指して出発したい所。
 ……なんだけど。

「君たちも一緒に行くか?」

 ヴァイオラはあたしたちにそう提案した。
 あの強さを見せられて、逆らえるはずがない。

「ママ、この人は誰なの? それに倒れてる男の人も」
「ヴァイオラさんって言うの、とりあえず話は最下層にたどり着いてからにしましょう」
「そうだな、こちらとしても君たちに聞いておきたいことがある」
「……」

 テニアはヴァイオラを無言で睨みつけている。
 やっぱテニアは頭の回転が早い、事情に気づいたのかもね。
 ヴァイオラが帝国の将軍だとすると、帝国で蔓延する病を治すためには大量の薬草が必要になる。
 それを、果たして彼女が、ほんの一部でもあたしたちに譲ってくれるだろうか。
 ――あたしはどうも、そう上手く事は運ばないんじゃないか、そんな気がしてならない。



 ◇◇◇



「そういえば、さっき話してた悪魔って何のことなんですか?」

 ダンジョンの探索を行いながら、あたしはヴァイオラに問いかけた。

「頭には角、背中には羽、臀部からは尻尾の生えている種族のことだ」
「……あたし?」

 ハイドラが自分を指差しながら言う。
 確かに特徴は合致してるけど――

「ああ、すまない言葉が足りなかったな。羽と尻尾は必ず黒だ、それが悪魔の特徴という事になる」
「それはモンスターなのか?」
「いいや、どちらかと言うと我らNPCに近い存在だな。この世の支配を目論む者――”魔王”の部下であり、世界を悪意で染めるために人間たちに種を植えて回っている」

 魔王とかこの世の支配とか、急に話が胡散臭くなっちゃった。
 でも、悪意の種なんて代物自体が胡散臭い物なわけで、それの持ち主が胡散臭いのは当然のことなのかも。

「今まで悪意の種って原因不明扱いでしたけど、悪魔なんてものが暗躍してたんですね」
「ああ、リレーン公国ではあまり調査が進んでいないようだがな」
「田舎だから王族も適当なんだ」

 テニアがかなり毒を込めてそう吐き捨てた。
 彼女の存在自体が、王族の適当さを象徴してるようなものだもんね。
 いっそ領土を広げ続ける帝国に飲み込まれた方が、よっぽどマシな統治をしてくれるのかも。

 その後も、あたしたちは他愛のない会話を交わしながら探索を続けた。
 ……ヴァイオラとの間にある最大の問題の解決を、引き伸ばしながら。



 ◇◇◇



 そして、あたしたちは階段を発見し、第5階層にたどり着く。
 ボスでも居るのかと思えば、そこにあったのは一面が緑で覆われたそこそこ広い部屋だけ。
 ひょっとして、さっきヴァイオラとハイドラがあっさり倒した大きめのモンスターが、ダンジョンのボスだったのかもね。

「これがリキア草……これさえあれば、帝国は……」

 しゃがみ込み、草に触れながらヴァイオラが呟く。
 もしヴァイオラが1人だけなら、ここで”リキア草を分け合いましょう”って相談もできるのかもしれない。
 でも――あたしたちから遅れること数分、背後の階段から複数人の足音が聞こえてきた。
 ヴァイオラが本当に将官サマだって言うんなら、連れてきた部下が、さっきあたしとストールを襲った3人だけなわけがない。

「ヴァイオラ様ッ!」

 なだれ込むように、部屋に入ってくる6人の男たち。
 誰もが帝国の兵だとバレないように軽装だった。

「ようやく来たか。遅いぞ貴様らッ!」
「申し訳ありません!」

 うわあ、やり取りと動きが完全に軍だもん、これ全然隠せてないよ。
 と、将官と兵が勢揃いした所で、いよいよ”本題”に入ろうとしているのか、ヴァイオラの表情がキッと引き締まる。

「それでは交渉と行こうか」

 そう言いながら、ヴァイオラは腰の剣に手を当てる。

「君たちの目的は?」
「彼女の……テニアの大事な人を救うために来ました」

 彼女は全く興味はない、と言わんばかりに無感情に「そうか」と言った。

「ヴァイオラさんたちの目的は?」
「崇高なる帝国の民を救うためにやってきた、つまり――」

 そして、悪びれもせずに言い切る。

「我々の方が、優先順位は上だ」
「1人分でいいんです、分けてもらえませんか?」
「断る、我々は1人でも多くの民を救う責務を背負っておる」
「あたしたちも人の命を救いたくてここに来ました」
「だが、それはリレーン公国の民であろう? ならば帝国の民を優先すべきだ」
「人の命に貴賤なんてありません!」
「あるさ、貴き帝国の民と賤しき他国の民という差がな」

 ……はぁ。
 思わずため息が出そうになる。

「ルトリー、こうなることわかってたんじゃないの?」

 テニアの言葉に、あたしはうなだれるように頷いた。
 そう、わかってた。
 帝国の軍人さんは忠誠心が高いことで有名で、しかも将官となると、あたしみたいな小娘の説得ごときじゃ動かない。
 でも――ほら、さっきの失態があるからさ、もしかしたら少しぐらいは譲ってくれると思ってたんだけど。

「あたしにとっては、てーこくとかいうわけの分からない人たちより、テニアの大事な人の大切だよ!」

 よほど腹に据えかねたのか、ハイドラが吠える。
 なんか……あたしが本当に言いたかったこと、無理に代弁させてるみたいで情けないな。

「それは貴様の都合だ」
「でもそっちだって自分の都合じゃない!」
「そうだな、だからどうした? ならば都合同士をぶつかりあわせて奪い合うか?」
「力づくならあたしだって負けない!」
「そうだな、私とドラゴンらしき貴様なら拮抗した戦いもできるだろうが――巻き込まれて、他の有象無象は死に絶えるだろう」

 ヴァイオラの言葉に呼応するように、兵たちは姿勢を正して声を揃える。

『我ら帝国兵は、帝国のためなら命を捧げる覚悟ですッ!』

 一切のよどみ無く、狂信的に。

「だそうだ。確かに戦いが最もわかりやすいな、勝った方がキリア草を手に入れ、負けた方が死ぬ。シンプルだ、私好みでもある」
「う……」

 ハイドラが、あたしとテニアの犠牲を許容できるわけがない。
 怖気づくハイドラに、ヴァイオラは挑発を続ける。

「どうした、それしきの覚悟も無しに啖呵を切ったのか?」

 そして剣を抜き、数多のモンスターを斬り伏せても、濁ること無く銀色に輝く刃を突きつけて、言った。

「ならば、こちらから行かせてもらうぞ!」

 ヴァイオラから放たれる殺気に、あたしたちは一歩も動けずに居た。
 その時に見た、下唇を血が滲むほど強く噛みしめるテニアの表情は、やけにあたしの印象に残っている。





「ポンコツ少女の電脳世界救世記 ~外れスキル『アイテムボックス』は時を超える~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く