私の日記

鳥あえず

10日目

朝起きたら彼がいる。なんて素敵なんだろう!
彼はもう、起きてイスに座っていた。
私はカーテンを開け、台所にいき、暖かいココアを入れた。彼の分のココアを入れてあげると彼は私にありがとうって微笑んでくれた。
そして私は彼の膝元に行き、甘えながら言った
「私の事愛してる?」
彼は頷いてくれた
「私もよ。これからずっとここで暮らそうね」
彼はまた頷いてくれた。
人生で一番幸せな朝だった

「私の日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く