閉じる

やっと封印が解けた大魔神は、正体を隠さずに凡人たちに力の差を見せつけます ~目覚めた世界はザコしかいない~

魔法少女どま子

激動の時代へ

 ――創造神。

 僕はその名を脳裏から呼び起こした。

 文字通り、世界を創造せしめた神とでも言うべき存在。

 大魔神が《破壊》の役割を担うとすれば、創造神はそっくりそのまま《創造》の役を遂行する。ただし、その《創造》が必ずしも善行とは限らないが……

 そして。
 創造神とはその名の通り、世界を管理せし者である。

 であれば、ステータスという怪奇なシステムを用いて、世界の住民を管理することは充分に可能なはずだ。

「……君が黒幕だったんだね」

 僕はコトネを片腕で守りつつ、創造神ストレイムを威嚇してみせた。

 奴の隣には魔王ロニンもいる。
 詳しい状況は不明だが、彼女は独自のルートでストレイムの足取りを追っていたようだ。魔王城を探していたのはそのためであろう。

 創造神ストレイムは余裕たっぷりに僕たちを見回して言った。

「あなたたちは……好敵手エルさんと……ほほう、貴殿は……?」

「アリオスだ。貴様が創造神か」

「なんと。光栄ですね。一般人が私の名を知っているとは」

「……ふん」
 アリオスは腕を組み、顔を逸らした。

 僕はそのやり取りを見届けてから、最大限に警戒をしつつ、ストレイムに訊ねた。

「さっき興味深いことを言っていたね。《計画》とはなんのことだい?」

「やれやれ。揃いも揃ってせっかちだねぇ」
 ストレイムは肩を竦めて苦笑した。
「……だがまあ、ひとつだけ公開してあげてもいいだろう。――出番だよ、ナイゼル」

 ――ナイゼルだと……!?
 僕が目を見開くのと同時に、ストレイムの隣に、新たな人物が姿を現した。

 金髪のロングヘアに、柔和そうな瞳。ストレイムも長身だが、彼にも負けないほどのモデル体型を誇っている。白銀を基調とした豪勢な服を着ており、やんごとなき身分であることを想像させられる。

 間違いない。
 人間界の王――ナイゼルだ。

 とはいっても実体はない。創造神ストレイムにより、映像だけを具現化させられているのだろう。ナイゼルの姿は全体的にぼやけている。

 目の前の光景に、僕はなにがなんだかわからなくなりつつあった。
 神とナイゼルが手を組んでいる?
 こいつら、最初からそのつもりで……

「お初にお目にかかります。人間界の王、ナイゼルと申します」

 ナイゼルはその場の面々に向かって優雅にお辞儀してみせた。

「たったいま、創造神ストレイム様から耳寄りな情報をいただきました。休戦密約を結んだ魔王ワイズ殿が崩御あらせられたと」

 そこでナイゼルは強烈な意志力を瞳にたたえ、不敵に笑ってみせた。

「これを受け、我ら人間軍による、魔物界への攻撃を開始させていただきます。あらかじめご了承くださいませ」

 ――まもなく世界は激動の時代を迎える。いくら貴様とて……果たして無事に生き残れるかな――

 魔王ワイズの言葉が、僕の脳裏に蘇った。


 第一章 終




 

「やっと封印が解けた大魔神は、正体を隠さずに凡人たちに力の差を見せつけます ~目覚めた世界はザコしかいない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く