閉じる

やっと封印が解けた大魔神は、正体を隠さずに凡人たちに力の差を見せつけます ~目覚めた世界はザコしかいない~

魔法少女どま子

ちょっと意外な返事

「そ、それは……」

 魔王がくぐもった声を発する。

 答えていいものか逡巡しゅんじゅんしているようだが、しかし奴に逃げる権利などない。

「正直に答えてもらおうか? そうじゃないと……わかってるよね?」

 たっぷり威圧感を込めて言うと、魔王はびくりと身を震わせた。奴の目に眼球は存在しないが、上目でこちらを窺っているのがなんとなくわかる。

 やがて、魔王の口からやけに小さい声が発せられた。

「私たちは……契約したのです。お互いを守り合うことを」

「へえ?」

 ちょっと予想外な答えだった。嘘をついている様子もない。
 僕が黙りこくっていると、魔王は続けて話し始めた。

「《魔物と人間の戦争》は長らく続いていました。このままでは、私、もしくは人間の国王……どちらかが殺されることは明白です。しかしながら、いまさら休戦するわけにもいきません。お互いに深く恨み合っていますから、部下たちが納得するわけもありません」

 それは事実だった。

 現にコトネの両親がそうだ。
 コトネは人間の《腕試し》によって身体の自由を封じられた。
 会話の端々から、人間を恨んでいることは容易に推察できた。

 その状況で、いきなり人間と平和条約を結んだとしても……十中八九、納得しないだろう。

「ですから、私たちは裏で契約したのです。今後、絶対に戦争しないことを」

「……なるほどね」

 たしかに筋は通っている。

「でも、ニルヴァ市には人間が攻めてきたよ?」

「建前は必要です。それぞれの種族が反発を起こさない程度の、小・中規模な闘争を起こしているのです。別の地域では、魔物が一方的に人間を追いつめているところもあります」

 そういうことか。
 大きな戦争を起こさない代わりに、小規模な闘争によって多くの部下を守っているのだ。

 ……しかし。

「認められないね」

 きっぱり言い切った僕に、魔王はまたも身体をびくつかせた。

「君のやってることは、少人数を犠牲にして大人数おおにんずうを守ることだ。それが――」

 王のやることか。
 そう言いかけて、口をつぐんだ。

 果たして僕にこれを言う資格があるのかどうか。ひたすら自分の世界に引きこもり、下界を眺めていただけの僕に。

 黙る僕に、魔王が珍しく反発した。

「では、どうすればいいのです! そうでもしなければ、きっと、多くの魔物が犠牲になる。わ、私はもう、……疲れたのですよ」

 最後の台詞はかすれ声だった。

 十年前の威勢の良さはもうほとんど残っていない。
 それだけ多くの修羅を見てきたということか。

「でも、やっぱり認められないな」

 数秒後、僕は確かな声を室内に響かせた。

「そうやって犠牲になった魔物はどうなる? コトネは長い間苦しんできた。もううんざりなんだよ。あんなふうに……理不尽に苦しめられる魔物を見るのは」

 そうまくしたてながら、僕はまったく別のことも考えていた。

 ――変わったな。
 数百年前までの僕は、他人がどうなろうと知ったことではなかったはずなのに。

 コトネと会うことで、僕自身、くだらない情が芽生えてしまったらしい。

 当惑しているのだろう、口をぽかんと開けているワイズに、僕は右手を突きだしてみせた。

「でも、いまの話は大きな収穫だったよ。人間と契約を結んでいるのであれば……いま君を殺しても、奴らが攻め込んでくることはないってことだ」

「やっと封印が解けた大魔神は、正体を隠さずに凡人たちに力の差を見せつけます ~目覚めた世界はザコしかいない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー168547

    小をもって大を救うのは統治者として至極真っ当なことです。まあ、建前として統治者は事実を表には出さず、聖人を装いますがね。

    1
コメントを書く