閉じる

やっと封印が解けた大魔神は、正体を隠さずに凡人たちに力の差を見せつけます ~目覚めた世界はザコしかいない~

魔法少女どま子

もしかしなくても下ネタを考えてたっぽいね

 次は服屋だ。

 自慢じゃないけれど、僕は服がない。

 いまもコトネの父親からお下がりを借りているが、コトネいわく「せっかくの容姿が勿体ない」らしい。

 よれよれの作業着に、よれよれのスラックス。
 服装に無頓着な僕でも、これはさすがにまずいと思う。

 この機会に、色々と着るものを新調しておきたい。

 あとは制服だ。

 魔物は人間と違い、さまざまな種族がおり、したがって服の形も多岐に渡る。

 何年も着ることになる制服となれば、オーダーメイドできちんと自分に合うものを購入するのが普通らしい。

 というわけで。
 僕とコトネは店員に身体のサイズを図ってもらい、制服が後日届けられる旨を聞いたあと、学園生活に使用する服を選んでいた。

「んー、これとこれとこれと……」

 コトネはハンガーを掻き分けながら、大量の服をカゴに突っ込んでいく。ふりふりのワンピースであったり、はたまたきっちりとしたジャケットであったり、種類は様々だ。

「あ……あのさ……」
 彼女の背中を追いながら、僕はため息をついた。
「もう二時間は経ってるんだけど……まだ終わらないのかい?」

「え? まだまだだよ」
 ハンガーを分ける手をぴたりと止め、コトネはきょとんと僕を見つめた。
「これじゃ全然足りない。私も自分に合うサイズの服なんて持ってなかったし」

 そりゃそうか。
 六歳児の頃の服なんて着られるわけないしね。

 そんなことを考えていると、コトネは眉を八の字にした。

「で、でもエルくん。ひょっとしてつまんない?」

「えっ?」

「だって退屈そうにしてるから。その……いったん出る?」

「…………」

 正直、うんざりしてきたのは事実だった。

 けれどコトネだって長らく身体の自由を失っていたのだ。
 こうして他愛のない日常を送ることを、それこそ脳が焼ききれるほどに望んだに違いない。

 僕だって十年も封印されてきたが、意識はなかった。体感的には一日寝て起きたようなものだ。

 その意味では、コトネのほうがずっと辛かったはずなのだ。

「……いいよ別に。付き合うよ」
 目線よりだいぶ小さなところにあるコトネの頭を、ぽんと叩いてみせる。
「僕のことは気にしなくていい。君の幸せが僕の幸せさ」

「…………」

「ん? どうかしたのかい?」

 口をぱくぱくさせ、頬をピンク色に染めるコトネに、僕は首を傾げる。
 数秒後、彼女は慌てたようにそっぽを向いてしまった。

「な、なんでもないよっ。エルのえっち」

「は!? なんでそうなるんだい?」

「ふんだ。知らないっ」
 なぜか怒ってしまったコトネの口から、ごくごく小さな声で
「でも、ありがと」
 と発せられていたが、それは聞こえなかったふりをしておいた。



 一ヶ月後。
 諸々の準備を終え、僕たちは晴れて学園生活を迎えることとなった。

 ニルヴァ市から魔王城へはそれなりの距離があるらしく、母親が馬車を手配してくれた。

 至れり尽くせりで、コトネの両親には感謝してもしきれない。

 僕は大魔神としてきっちりと礼を述べたあと、コトネとともにニルヴァ市を出た。

 窓枠に頬杖をつく格好で、僕は対面に座るコトネを見やる。
 白銀にきらめく長髪と、濃紺のブレザーの対比がなんとも美しい。いますぐ消えてしまいそうな儚さを持っており、なんだかこう、落ち着かない気分にさせられる。

「……どうしたの?」
 僕の視線に気づいたコトネが目を丸くした。

「いや。なんでもないよ」
 僕はかぶりを振り、代わりに別の質問を投げかけた。
「教えてほしいことがある。この世界についてなんだけど」

「へ?」

「僕は十年前までずーっと引きこもりだったからね。世界の情勢にはあまり詳しくないんだ」

「う、うん。私にわかることなら……」

 そうして僕はコトネから、いくつかの一般常識を教えてもらった。

 まず、僕たちが住んでいるのは《ノステル大陸》というらしい。

 その大陸を大きく二等分して、魔物領と、人間領とに分かれているそうだ。

 魔物と人間ではあれだけ力の差があったのに、なんと領土は綺麗に半々だという。世界は危ういところで均衡を保っている――とのことだ。僕としては不思議で仕方ないが。

 一ヶ月前に耳にした《シュロン国》とやらは、別の大陸に存在する国らしい。どうりであまり聞かないわけである。

「でも、私もずっと動けなかったからね。この知識が正しいかどうか、ちょっと自信ないな……」

 説明を終えたコトネが、申し訳なさそうにぺこぺこする。

「いやいいよ。助かった」

 最低限の知識はないと、学園での勉強に支障が出るからね。
 基本のキくらいは抑えておきたい。

「ねえ、エルくん……」

「なんだい?」

「お母さんの話、本当なのかな……? 私たち、同じ部屋に住むんって……」

「ああ。そりゃそうでしょ。別々の部屋だったらまたお金かかるじゃん」

「それはそうなんだけど……」

 コトネは呟くなり、顔を赤くしてうつむいた。

 この一ヶ月間、僕とコトネはずっと別々の部屋で寝ていた。
 それだけ大きな家だったし、……それに、彼女の両親がいるのに、同じ部屋で寝泊まりするのはなんだか居心地が悪かった。

 今日からはそんな制約もなくなるわけだ。僕たちは、同じ部屋に寝食をともにすることになる。

「で、でも、私……」

「なんだい? どうしたのさっきから」

「だってその、まだ心の準備が……」

「は?」

 いったいなにを考えているのか。
 皆目見当がつかない。

 僕がぽかんと口を開けていると、コトネが小さい声で、
「でも、私ももう大人だし。エルくんは男の子だし。私が支えなきゃ」
 と言った。

「……ごめん。もしかしなくても、しものこと考えてたのかな」

「えっ!?」
 コトネが目をぱちくりさせる。
「ち、違うよ! そんなわけないでしょ!」

「……そう」
 僕は大きく息を吐き、続けて言った。
「でも、まだわからないよ? 入学試験に落ちたら帰らされるからね」

 そう。
 どうやら僕たちが向かう学園では入学試験があるらしい。

 項目は三種類。
 筆記試験。
 実技試験。
 面接。
 この三つだ。

 実技試験は問題ないとしても、厄介なのは筆記試験と面接だ。

 僕は一般常識に疎いから、筆記試験に受かるかわからない。
 面接に至っては、あの魔王が面接官だしね。
 いきなり面倒なことが立ちふさがっているわけだ。

「大丈夫だよ、エルくんは」
 ふと、コトネが僕の両手をぎゅっと握ってきた。
「知ってる。エルくんは、なんでも知ってて、強くて、優しいんだ。落ちるわけないよ」

「……だといいんだけどね。コトネも頑張ろっか。実技試験に備えて、最後まで訓練つきあうよ」

「ありがと。私も助かる」

 僕たちは生まれて初めて、ほんの数秒だけ、唇を重ね合わせた。


「やっと封印が解けた大魔神は、正体を隠さずに凡人たちに力の差を見せつけます ~目覚めた世界はザコしかいない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く