閉じる

やっと封印が解けた大魔神は、正体を隠さずに凡人たちに力の差を見せつけます ~目覚めた世界はザコしかいない~

魔法少女どま子

運命の再会(真)―2

 僕は別に他人を拒んでいたわけではない。
 魔王のように馴れ合いを嫌っているわけでもない。

 一日楽しく過ごせれば、なんでもいいのだ。

 そして楽しかった。コトネと話すことは。
 ただただ面倒で、他人との接触を嫌ってきた僕が……コトネとは楽しく話せた。それはたぶん、彼女が汚れを知らない、純粋な子だったからだと思う。

 対して、彼女も僕の命を狙うことはなくなった。
 最初のうちは、僕の睡眠中を狙って攻撃しようとしていたみたいだけど……結局、なにもしないでやめていた。

 なぜかは知らない。
 僕が襲撃に気づいていたから、という理由でもなさそうだった。

 そしていつの間にか、コトネは僕のことを《お兄ちゃん》と呼ぶようになっていた。

「まあ、おじさんじゃないだけマシだけどね」

《玉座の間》の壁に寄りかかりながら、僕は言った。彼女と関わるようになったおかげか、ずいぶんぺらぺらと言葉を紡ぎ出せるようになっていた。

 コトネは同じく壁にもたれながら、小さい声で言った。

「おじさんなんて呼べないよ。だって……」

「え?」

 聞き返すが、コトネは答えなかった。顔を赤くし、恥ずかしそうにうつむいている。

 気まずい沈黙が降りた。
 こんな雰囲気は初めてだった。
 緊張をごまかす意味で、僕は話題を変えることにした。

「き、君はこれからどうするんだい? 魔王に命じられてるんだろう? 僕を殺せと」

「あ、えっとね、その、えっと」
 コトネはなぜかしどろもどろになった。
「わ、私、もう、お兄ちゃんの命を狙わないことにしたの。だって、その……」

「へ?」


「好きに、なっちゃったから」


「…………!?」
 僕は目を見開いた。顔が沸騰するのを感じる。
「な、なななな、なにを言ってるんだい!?」

「だって、しょうがないじゃん。本当、なんだもん……」

 ぷすーと頬を膨らますコトネ。
 そんな彼女を視界の端で眺めながら、僕の思考は爆発寸前に陥っていた。

 好き……ということは、まさか、つき合うのか?
 でも色々とまずくないか?
 僕は大魔神で、コトネは一般の魔物。
 しかも、相手は六歳児……

 それらすべてを総合的に考えたうえで、僕は震える声を発した。

「もし、十年経っても君が同じ考えだったら……付き合おう。僕はたぶん、いや絶対、ずっと君のことが好きだから」

「ほ、ほんと!?」
 コトネは目を輝かせた。
「わ、わたしも絶対、十年後もエルのことが好き! だから、約束……だよ!」

 そう言って小指を差し出してくるコトネに、僕は苦笑して応じた。

 ――約束。
 十年後、絶対に、お互いを好きでいよう……

 永遠の契りを。

 その直後だった。

「コトネよ。よくやった。おまえの任務は終了だ」

 魔王ワイズが、突如として姿を現した。








 魔王ワイズ。
 全身が骸骨がいこつの魔物である。
 頭部には王らしい煌びやかな王冠を載せている。他にもくれないのマントと上着をまとっており、王者たる威圧を感じずにはいられない。

 強い。僕がいままで相対したどんな者より。

 ――だが、だからどうした。
 僕は大魔神。
 王をも超える存在。

 神を殺そうとする不遜な王など、軽く蹴散らしてくれよう。

 そこまで考えて、僕ははっとした。
 隣にはコトネがいる。僕と魔王が戦ったら、一般の魔物であるコトネは余波だけでも死んでしまう。

 僕の動揺を見抜いたのか、魔王ワイズはくぐもった笑いを発した。

「ククク……あまり期待せずにそのガキを派遣したが、予想外の働きをしてくれたようだな。これはいい」

「お、お兄ちゃん……」
 コトネが震える瞳で僕を見上げる。
「わ、わたしのことは気にしないで。はやく魔王を……」

「馬鹿を言わないでくれ。できるわけないだろう? 君を殺すなんて」

「で、でも、このままじゃ……」

 僕はふっと笑った。 

 けっこう満足だった。僕のこれまでの半生が。
 もともと、生に執着はない。大魔神はかなり長生きできるようだが、僕は長寿を求めているわけじゃない。

 ――どこかで適当に死ねれば、それで本望なのだ。 

 諦観の笑みを浮かべた僕に、コトネはなにかを感じ取ったらしい。僕の胸にしがみつき、悲痛な声を発した。

「駄目! なに考えてるの! 駄目よ、あなただけ……!」

 必死に喚く彼女の頭を、僕はぽんと叩く。

 それを見て、魔王ワイズは満足げに頷いた。

「みずから死を選ぶか。それもよかろう。しかし貴様は腐っても大魔神。わしの力では、貴様を殺すことまではできぬ」

「じゃ、どうするつもりだい? 魔法防御力、できるだけ下げてあげるけど?」

「こうするのだ!」

 魔王ワイズの叫び声と同時に、僕は深い睡魔に襲われた。

 ――これは、封印……!
 なるほど。殺せないなら、せめて僕の動きを封じるつもりか。考えたな……

 混濁する意識のなかで、コトネの悲鳴にも似た声が聞こえた。

 ――約束だからね。たとえ魔王に引き裂かれても、わたしたちはずっと一緒!――

 地面に伏せる寸前、僕は最後の力を振り絞って、こう答えた。

 ――ああ、僕も誓おう。君を一生忘れない――

「やっと封印が解けた大魔神は、正体を隠さずに凡人たちに力の差を見せつけます ~目覚めた世界はザコしかいない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く