閉じる

やっと封印が解けた大魔神は、正体を隠さずに凡人たちに力の差を見せつけます ~目覚めた世界はザコしかいない~

魔法少女どま子

運命の再会(真)―1

 ちょっと危ないところだった。

 いまの大爆発を喰らえば、いくら大魔神といえど、すこし痒くなってしまう。

 一般の魔物であれば、木っ端微塵になっているところだろう。くだんの三人家族を守ることは到底できなかった。

 そんなことを思いながら、僕は防御魔法を解除した。

 途端、僕と三人家族を包んでいた緑のベールが消える。
 なんとかこの三人は守れたものの、あまりに突然のことだったため、他の病室は消し飛んでしまった。

 僕たちはいま、夜空の下に立っている。

「ふう……」

 僕は大きく息を吐いた。

 敵は相当頭が切れるらしい。僕がサイコキネシスを使うことを予期し、そのうえで対策を練っていた。催眠術を使用されたら、対象者を爆発させると――

 それと同時に、これはとても高度な魔法でもある。威力自体はたいしたことないが、大魔神の魔法を防いでみせたのだから。

「あ、あのう」
 僕の背後で、母親と見られる魔物が声をかけてきた。
「どなたは存知あげませんが……助けてくださり、ありがとうございます」

 僕は振り向いた。
 両親が二人、深々と頭を下げている。
 僕はあはは、と笑ってみせた。

「こんなことはしょうじゃないんだけどね。珍しく、その子だけは助けてあげたくなったみたいだ」

「それはもう……なんとお礼を言ったらいいか……」

 そう言ってもう一度頭を下げてくる両親を、僕は「いいよ」と言って制した。

 それよりも、気になることがある。
 さっき脳裏に浮かんできた、切なげな記憶の欠片。

 気のせいでなければ、僕はきっと、ベッドに横たわる彼女に会ったことがある。

 いや、それどころではない。
 かなり親密な仲になっていたはずだ。

「その……教えてほしい。彼女のことを」

「彼女……コトネのことですか」

 コトネ。
 彼女はコトネというのか。

 僕が小さく頷くのを見て、父親がぽつりぽつりと話し始めた。

「さっきも言いましたが、コトネは植物状態でしてな。なんでも、ニルヴァ洞窟に何度も通い、人間たちに斬られてしまったようです。一緒にいたお友達が、なんとか殺されずに連れてきてはくれましたが……そのときには、もう……」

 話を聞いていた母親が、声にならない声を発して両目をこする。

「でも……不思議だね。なんでニルヴァ洞窟なんかに? よく人間たちが来るんだろう?」

「それはまあ……親としてもわかりかねます。ただひとつわかるのは、コトネは必ず、花を持って洞窟におもむいていたんです」

 ――花。

 思わず僕は息を詰まらせ、喘いだ。
 僕が封印されていたあの部屋に、色とりどりな花が飾られていた。それを思い出したからだ。

「しかも、すべて高価な花でして。娘が言うには、想いが通じる《まじない》が宿ってるなどと言いますが……いかんせん、この歳になるとよくわかりませんでな」

 間違いあるまい。
 ニルヴァ洞窟に咲いていた、あの場違いなまでに美しかった花々は、彼女が植え付けたものだ。

「可愛そうな子なのです。コトネは私たちの実子ではありません。魔王様の重要任務に失敗し、捨てられた子なのです。そのときのことは、あまり話してくれませんでしたが……」

「重要任務……」

 気になった。
 そこまでしてくれるからには、僕に深く関わっていたんだろう。

 でも思い出せない。
 記憶が封じられていて、なにも思い出せない。
 歯がゆかった。なぜ、僕は記憶を消されなければならなかったというのだろう。 

「彼女の……病気は、治らないのかい」

 僕の発言に、母親が力なくうつむいた。

「ええ、残念ながら……。こうして、命をつなぎ止めるのが精一杯だと……」

「そうかい……」

 見れば、コトネの指がまたもぴくぴく動いている。
 これで三度目だ。やはり意識不明とは思えない。
 脳の神経が死んでいるために、自分の意志を伝えることができないようだ。

 ――それなら。
 僕はつかつかとベッドに歩み寄った。コトネに向け、片腕を差し出す。

「あ、あの、なにをされるのですか……?」

 目を丸くする母親に、僕は真顔で答えた。

「治してあげるんだよ。僕に……できないことはない」

 僕は手をかざし、治癒魔法を発動する。
 そして数秒後、彼女の声を聞いたとき、僕は失われた記憶が波のように戻ってくるのを感じた。








 僕は最強の魔神だった。
 そして孤独だった。

 生まれながらにして、魔王や勇者をも遙かに超える力を持つ。
 だけど、世界征服とか、他人と仲良くなるとか――そんな下らないことに興味はない。

 たまに、下界を覗き見するくらいで充分だった。
 僕は極度の面倒くさがり屋だったのだ。

《魔神の神殿》なる場所にこもり、気ままな引きこもりライフを送っていた。

 親とか友人はいない。僕は《大魔神》という役目を持って生まれてきたのだと、なんとなく察していた。

 神殿にはたまに迷い人が侵入してくる。だが、そんなときは殺してしまえばいい。大魔神たる僕にとって、そんなのは造作もないことだ。

 彼女――コトネもそんな侵入者のうちのひとりだった。
 当時六歳ほどか。まだ小さい女の子だ。

 だが彼女は道に迷ったわけではない。
 王に、目障りな魔神を殺せと――そんな命令をおおせつかってきたのだ。その光景を僕は魔法で眺めていた。

 興味があった。
 果たして彼女はどうするつもりなのか。
 まあ僕を殺すことはできないだろうけど、どのように足掻いてみせるのか。

 そんな好奇心から、僕は彼女を殺さなかった。なんの悪戯もせず、《玉座の間》に通してみせたのだ。

「大魔神エルガー・ヴィ・アウセレーゼ! あ、あなたの命も、きょ、今日までよ!」

 小さな剣を抜きながら、コトネはそう言った。

 あれで本当に僕を殺すつもりなのか。あまりに滑稽だ。
 僕は笑いをこらえながら、高らかに宣言してみせた。

「わ、わわわわえこそは、さいひょうのへいまひんなり!」

 噛んだ。

 というより、喋れなかった。
 長年引きこもってきた僕に、コミュニケーション能力などあるはずもなかったのだ。

 コトネはきょとんとして言った。

「あ、あの……いま、なんて言ったの?」

「な、ななななんんでもひゃい!」

 緊張してしまい、まともに話すことさえできなかった。
 ぼっちゆえの悩みである。

「うぷ」
 耐えきれなくなったか、コトネが吹き出した。
「あははははは! おじさん面白い!」

「た、たれがおじさんやぁああ!」

 まあ、年齢的にはおじさんどころか、おじいさんである。
 でも見た目的には二十代前半のはずなのに……
 僕は割と真剣にショックを受けた。

 それが、僕とコトネの馴れ初めだった。


「やっと封印が解けた大魔神は、正体を隠さずに凡人たちに力の差を見せつけます ~目覚めた世界はザコしかいない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • にせまんじゅう

    これを見て俺は思った、ボッチには気を付けようと。

    0
コメントを書く