この魔法至上主義の世界で剣聖を目指す

旧ネオン道理

2話 入学編Ⅱ

「ぷはー。あの女次会ったらボコす!」

俺はストレス発散にトイレで顔を洗っていた。中はとても綺麗だ。さすがエリート高校。結果から言うと全然ストレス発散にならなかったがな。

俺は鏡で自分の寝癖を整える。俺の髪は剣聖の家特有の赤髪で目はぱっちりしていて、凄く視野が広い。

三軍は世間一般で言う、3組に値する。クラス替えはなく、成績上位者だけ上のクラスに上がれる。それと同時に落ちるものもいるという事だ。

「それにしてもこの学校は広いな」

この学園は村1個分と同じ大きさで、生徒が望む要望にキチンと答えることで有名だ。
だがこれは言われていないが、要望に答えるのは成績上位者だけ。つまり俺の要望は無意味だ。

この学校の試験は3つだけだ。

まずはペーパーテスト。これは定番だな。

次に魔力操作の速さ。大体がここで落とされる。俺は剣聖の家系にしてはまぁまぁだったな。

俺は基本魔法のフラッシュしか使えないがそれだけで来た。

ここまでは1軍確定だった。

だが俺はここで問題を起こした。別に後悔はしていない。

そう問題を起こしたのが3つ目実力だ。

これはあまり重要視されていない。
この学園では潜在能力を重視する、言わば種を開花させるのが目的だ。もう咲いているしょぼい花ではなく、まだ咲いていない美しい種を求める。

「おっ!君速いね」

「おはよ」

なんかいかにもイケメン見たいな感じの金髪の少年がやって来た。

「でもいいのか?俺のとはもう知ってるだろ?」

「あれは君が悪くないよ。試験管が最低だったんだ。」

分かってくれる人がいた。

「まぁそうなんだが、試験管の煽りに負けた俺もまだまだ子供だなと思ったんだ。それで君は何組?」

「僕はガーフ.ブラッド3組だよ。これから宜しくな」

「ああ。知ってると思うが俺も3組のフリューゲルだ宜しく」

よし!友達が出来た!これでぼっちは回避出来るであろう。まぁあの時にもうぼっち生活を覚悟していたけどな。

「それでガーフはなんでこんな速く学校に?これからは寮生活出しね、家族との別れを名残惜しんでいたら、いつまで立っても行けなくなるから、今日は早めに来た。」

「やっぱりスゲーな」

俺なんて寝坊したと勘違いして、妹以外の家族に別れ言えなかったぞ。今頃お母さん泣いてるだろうな。

「そんな事ないよ。でも、フリューゲルもなんでこんな早くに?」

「いや、その、あの、お前と同じだ。あと名前はリューとかでいいぞ。俺の名前は覚えにくいからな。」






「この魔法至上主義の世界で剣聖を目指す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く