この魔法至上主義の世界で剣聖を目指す

旧ネオン道理

1話 入学編

──「俺は、剣聖フリューゲル。ひねくれ者にして人類最強の力をもつものだ。」

俺は今封印されていた、悪魔を退治するために、世界の最果てに来ている。

「ふははははっ!笑わせるな小僧がお前程度が我輩に勝てはずがないだろ!」

「それはどう...──

その瞬間俺の頭にフラッシュバックが起きた。


「起きてよフーくん」

あれ?なんか妹の声がしたような。

「うっ、オハヨシノン。あれここは?悪魔は?」

「何言ってんの?ここは家だよ?早くしないと学校始まっちゃうよ」

うわぁ、さっきのは夢か。。。悲しい。
せめてもっといい所で起こしてくれよ

「そうかもう高校が始まるんだね。」 

そう。俺が合格した高校はアーティ学園と呼ばれる魔法のエリート高校だ。入るのも難関と言われているが、その中で俺は3軍と呼ばれるエリートの中の落ちこぼれ集団に配属されたのだ。

「フーくん頑張ってね。でも...もう会えなくて寂しいな」

「大丈夫だよ。きっと立派になって戻って来るさ。」

「ほんと?じゃあ約束だよ。」

「おう。」

俺は指切りをした。
時計を見てみるともう8時間だった。

「やっべ」

俺は着替えて持つものをもって、すぐ家を出た。

「じゃあいって来るねシノン」

「いってらっしゃいフーくん」

いやーやばいな入学式まで後五分だ。

まぁ俺は大丈夫だけどな。

俺はマナと呼ばれる魔法を使う時に消費されるものを走りながら、展開させて、ブロックのようなものを作りそれの上を走っている。勿論この技術は俺にしか出来ない。マナのブロックはブーストする機能があって時速300kmまで出る。

「ふぅー。ついたついた。」

あれ誰もいないぞ。ふと、学校の時計を見てみると。7時半となっていた。

これはあれだ。家の時計が壊れた奴だ。

「やっちマリオな奴だな」

俺は取り敢えず校内に入ろうとした。そしたら、

白髪の超絶可愛い美少女がいた。だが目つきはとても怖く、近寄り難い物があった。

「あなたそれは?」

なんか喋りかけてきたぞ。そして俺の腰についてる物を見ている。

「これは男性器です!!」

しばしの沈黙があったがしかし。

「やべっ!」

目の前の女が俺を高密度の魔法で凍らせようとしてきた。

だが咄嗟に俺は腰の剣を抜いて弾いた。

「あぶねえだろ!」

「あなたその剣。女神の瞳、龍の目玉、そして神の眼が埋め込まれたモデル。それは神話に出てくる。『超神剣ディスターク』ね」

これは俺が去年命懸けで取ったものだ。知っている奴なんてどこにも居ないはず。

「何故それを?」

俺は少し険しい表情で質問した。

「やはりね。この時代には珍しい剣に、入学試験の時に剣をヤサに収めたまま試験管を屠った、その剣。あなた剣聖の家計でしょ?」

答えてくれないのか...まぁいい。

「だったらどうした?」

「神託があったのよ。今回の剣聖はやばいってね。名前を聞いて良いかしら?」

やばい?まぁ答える位なら。

「俺は剣聖、フリューゲルだ!」

「フリューゲルね覚えておくわ。
私は『魔帝』スノウ.フォン.アレストスよ。」

「!?」

なんだと。魔法の存在を初めてしり、世界の探求者と呼ばれていて、魔法を使うのに特化していて、五十年前俺のジィちゃんの代で剣聖の家系を潰したと言われている。

だがここは一旦落ち着こう。問題を起こしたら即退学だからな。

「そうか...よろしく」

「あら意外ね。あなたは私に殴りかかって来ると思ったのだけれど。あなたにはプライドが無いのかしら。私が逆の立場だったら殴りかかって来たけどね。」

「ぐっ、そうだな俺には関係ないからな」

ギリギリの所で抑え、
俺はこの場を去るように学校に向かった。

「意外と賢いのね。貴方とはまた会うことになると思うわ。」




「この魔法至上主義の世界で剣聖を目指す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く