この魔法至上主義の世界で剣聖を目指す

旧ネオン道理

プロローグ

神龍歴400年。この世界ボルガニック.レイでは、『魔法』の存在が明らかになった。魔法はとても便利で、環境にも優しいものだった。

魔物の討伐は剣主軸だったものが遠距離攻撃の魔法戦に変わりリスクなく誰でも出来る簡単なビジネスになっていた。

その瞬間剣の道は途絶えた。学校でも剣を学ばなくなった。

だけど俺の家は由緒正しき、剣聖の家系なのだ。
遺伝子レベルで剣に愛された人それが俺の家。
全ての身体能力や神経は剣を振るうためにある。

だけどこの世の中で剣を振るうことは「ひねくれ者」と呼ばれ世間から叩かれる。

だから剣聖の家系は剣を捨てた。
だがそんな剣に愛された人が剣を捨てたら何が残る?

答えは「何も残らない」だ。

だが捨てずに近未来型の使い方をしたらどうなるだろうか。

鬼が出るか蛇が出るか。それはやらないと分からない


だけどそれが失敗してもいい。それが新たな一歩となると俺は思うよ。




「この魔法至上主義の世界で剣聖を目指す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 旧ネオン道理

    我ながら誤字が多いww
    って言うか若干謎要素あるねww
    喋り方の「まぁね」には流石に笑った。
    まぁでも設定は面白いと思うよ!
    ん?書いたのは僕ですよ?w

    2
コメントを書く