話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

いきなり世界救えって言われても

リノル

06 爆発音

とりあえず街に行くことにしたが、神様に文句が言いたい
「ここどこなんだよ」
そう、ここがどこかわからないと地図も宝の持ち腐れ状態になる。
右も左もわからない状態でただ道なりをあるいていると突然爆発音のような音が聞こえた。雅人は、そこに行けば誰かいるかもしれないと思い、まっすぐ爆発音の発生源へ向かった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「っ!まさかこの私が押されるとはっ!」
少女は、突如現れたモンスターの退治に駆り出されていた。ただのモンスターの退治なら、彼女の力をもってすればたやすいことなのだろう。だが、今回は違う。数が多すぎるのだ。彼女を含む5人の小隊のうち今残っているのは彼女のみ。
「もう、ダメなのか…」
少女が、諦めかけたそのとき、草むらから現れたのは…


何とか話の展開ができたなぁ
少女の名前どうしようか。誰か案があればお願いします。一応カタカナの名前にしようと思います

「いきなり世界救えって言われても」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く