いきなり世界救えって言われても

リノル

03 やはり俺には分からない

「まぁまぁ、ちょいとワシの話を聞いてくれんかのぅ」
「はぁ」
とりあえずこの事態について話してくれるようなので、雅人は老人の話を聞く事にした。
「とりあえず…ここが神界というのは分かりましたが、じいさん。あなた何者ですか?」
「ほぅ、お主理解するのが早いのぅ。まぁワシは神様じゃよ」
今度は驚かなかった。まぁ神界とか言われたら必然的にそうでないかと思っていたからだ。
「じゃあ神様。なぜ俺は知らないところにところにいたのでしょうか?」
「まぁ簡単に言うとなお主は1度死にかけたのじゃよ。覚えはないかな?」
「ありますね、交通事故になりそうでしたね。そしたらなんかそこに居たと」
「うむ、実はあの転送陣はワシがあの世界に飛ばすようにしたのじゃ。」
「はぁ…」
理解はした…。したけどいまいち現実味がなくつい自分の頬をつまんでしまった。
「じゃあ、俺はなぜあの世界に飛ばされたのでしょうか?」
そう、普通に考えたらおかしいことである。死ぬはずだった俺がなぜあの世界に飛ばされるのか。
「それはじゃな、あの世界を救ってほしいのじゃよ」
「…はぁ!?」
やはり俺にはよく分からないことだった。


説明回になってないなぁ…

「いきなり世界救えって言われても」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • チョコ大福

    知らないところにところにってなってますよ

    0
コメントを書く