いきなり世界救えって言われても

リノル

02 またかよ…

空が光った。
その眩しさゆえに、雅人は目をつぶった。
そして目を開いたら、また知らないところにいた。
「またかよ…。ほんと勘弁してくれよ。」
と雅人が呟いた。人いないからか、愚痴をこぼした。しかし、
「ふぉっふぉっ、すまんのぅ。ちょいと説明するの忘れとったのでのぅ。」
と、誰かの声がした。雅人は慌てて周りを見回した。そこは6畳程度の小さな居間のようなところで、背後には掘りごたつに入っている老人がいた。
「じいさん、ここは一体どこなんですか?どうして僕はここにいるのでしょう?」とっさの事でつい敬語になってしまった雅人に、老人は、
「ここはなぁ、まぁ神界ていう感じのとこじゃよ。」
「はぁ!?」


まさかの説明するまでが長い気がする
次で説明回にしないと

「いきなり世界救えって言われても」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く