いきなり世界救えって言われても

リノル

01 ここどこだよ…

とある桜舞い散る日、俺こと工藤雅人くどうまさとは知らないところにいた
「ここどこだよ…」
ことの始まりは、ほんの数分前のことだ。いつも通り学校へ登校しようとしたら、突然車が飛び出してきた。俺は悟った。
(あぁ、ここで死ぬのかな)と。
そしたら、俺の足元に何か円のようなものが出てきた…。
「…そして今に至ると」
はぁ、誰か説明して欲しいものだよ、これ。その思いに呼応してなのか、空が光った。


初投稿なので文の長さに迷ってしまいました。アドバイスとかお願いします!
次回、説明回になりそうだな

「いきなり世界救えって言われても」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く