異世界はチートなカードで乗り切ろう!?

田中 凪

68.(過去編)アレが食べたいがために東へ①

 あけましておめでとうございます。(大遅刻)今年も本作品をよろしくお願いします。
 今年は何かと忙しく月一投稿すら怪しくなるかもしれません。
 今後は過去と現在とを行ったり来たりしていく予定です。過去の話をする場合はタイトルに(過去編)とつけておきます。
 今回のお話の時系列は【42.帰還】の少し後になります。


 これはハルトが6歳だった頃の話である。日本人であればあるものが恋しくなってきてしょうがない頃とも言えた。
「米が食いたい!!」
ドォン!
 と、そんな音喩が聞こえてきそうなほどに切実な訴えをした。
「…ふむ?パンでは不満か?」
 それを聞いたベルマーレは首を傾げる。
「不満という訳では無いのですが、元日本人としてはお米が恋しくて仕方ないのです。それに聞いたところによると昔の日本と似た文化を持った国が東にあると聞いたのでお米への思いが爆発しました」
「そ、そうか。しかし扶桑皇国は鎖国していて交易がわずかしかないから米とやらを手に入れるのは難しいぞ」
 ハルトのよく分からない熱意に若干引き気味のベルマーレであったが、交流が少ないことを指摘する。
「それなら問題ありません。変装して詩織さんの記憶を読み取って【ロングワープ】で密入国します」
 それをさも当然かのように言っているが密入国がバレればとんでもないことになるのでやめて欲しいと思うベルマーレは難色を示していた。
「いや、さすがに無断という訳には…」
「お米があると分かっていて行かないという選択肢はありません」
「何故そうかたくなに行こうとする…」
 日本人ではないベルマーレにハルトのお米にかける謎の熱意は理解できなかった。とはいえ、このままでは何も言わずに扶桑皇国に行きかねないので渋々、国王様に報告してからなら行っていいと許可を出した。つまりはハルトの制御を国王に放り投げたのであった。




「…というわけで扶桑皇国に行ってきます」
「まてぇい?!何がどうして扶桑皇国へ行く?!」
「お米が食べたいので扶桑皇国に行ってきます」
「いや、あの国は我が国との交易がないうえに、あったとしても入国は困難だぞ?」
「えぇ…なので【ロングワープ】で密入国をして少し観光して帰ってきます」
「密入国の許可を出すわけがなかろう?!」
 その後、ハルトをどうにか行かないよう説得を試みるも失敗し、渋々扶桑皇国行きを許可した。
「面倒事を持ち帰ってくるのだけはするでないぞ?面倒事に巻き込まれても自分で解決してから帰って来るようにな?いいな?絶対じゃぞ?」
「は、はい」
 あまりの圧にハルトは若干引き気味で応じながら詩織の元へ向おうとしてシストリナに呼び止められる。
わたくしを置いていく気ですの?」
「さ、さすがにリナ様が不法入国するのはマズイのでは…」
「またそう言ってわたくしを置いてお1人で楽しむのですね」
よよよ、と泣き真似をしながらハルトに訴えかけるシストリナに父親であるレスティアが止めた。
「さすがに娘を危険な場所へ向かわせるわけにはいかん。ハルトよ、帰ったら覚悟しておく事だな」
「…ありがとうございます」




「…扶桑に、ですか?」
 ハルトに急に扶桑に行くと言われた詩織はなぜ行くのか疑問に思う。
「うん、お米が食べたいからね」
 それが顔に出ていたのかハルトが(本人にとっては重大でも傍から見るとしょーもない)理由を述べると詩織はクスッと笑う。
「そんな理由で鎖国している国に行くのですか?」
「お米という魂に刻まれた食べ物が恋しくて仕方なかった所に詩織さんの話を聞いたので…」
「ハルト様は扶桑出身ではないのに不思議なことをおっしゃいますね」
「ははは…まあ、ちょっとね」
 ハルトは自分が転生者であることを詩織達にはまだ話していないことを失念していた。自分が転生者であることを伝えるべきか悩んでいると詩織が
「私も連れて行っていただけますか?」
と聞いてきた。ハルトの面倒事センサーはすぐに反応した。
 これなんかあるぞ…しかも面倒事レベル10段階中8ぐらいのかなりやべぇのが。
 しかし、ここで断ると扶桑皇国に行くのに時間がかかる上に、よくよく考えたら向こうについてもどこに行けばいいのか分からない状態になるので選択肢はなかった。
「いいですよ。向こうに着いた時の案内もお願いします」
「ありがとうございます。記憶が少し古いですが街並みが変わっていなければ大丈夫です。ところでどうやって行くのですか?」
「詩織さんの記憶を読み取ってそこに【ロングワープ】するだけだよ」
「き、記憶を読むなんてことができるんですか?!」
「うん、でもしっかりとその場所を考え続けてくれないとできないんだ」
 そう言いながら詩織さんに場所を思い浮かべてもらう。
「ちょっと失礼」
 瞑想状態の詩織さんに触れて無事、扶桑のどこかへと【ロングワープ】を繋げることができた。
「そういえば、詩織さんは変装しなくて大丈夫ですか?」
「むこうだとほとんど顔を見せていなかったから平気よ」
 ほとんど顔を見せていなかったってどんなとこにいたんだ…なんかマジで嫌な予感しかしねぇわ。ま、どの道なんかに巻き込まれる気がしたしいいか。
 そう思いながらハルトは【ロングワープ】で開いた空間をくぐり、詩織もその後に続いた。




お気に入り登録者様が263人、いいねが510件になりました!
ありがとうございます。

「異世界はチートなカードで乗り切ろう!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く