攻略対象外だけど、好きなんです!

藤色

19 「カタバミ」


 翌日。

「それで、大きな被害は二階だけかな。それ以外の所はどうだろう?」

 砂原くんはの声かけで、みんなが集まった。
 どうやら、被害状況の確認をするらしい。

「揺れのせいで、多少部屋の物が落ちた程度だろう。」
「……僕の部屋のドア……」

 あー…。
 そういえば、緑川くんの部屋の前を通ったとき、部屋のドア、壊れてたな。
 どうしたんだろう、と思ってたらそういうことだったのか。

 「…………。」

 あ、東くんが意味深にうつむいた。
 東くん……。壊しちゃったの君なのね。

「なんだよ、どうかしたのか?」
「いえ…何でもありません……」
「?まぁとにかくさ、現状確認ってやつしなきゃだよな。もしかしたら二階以外にもヤバイところあるかもだし。」

 昨日ちらっと見た感じではなかったけど……。
 もしかしたら、ってこともあるしね。

「このことは『世界』には報告済みなのか?」
「ああ。内々で処理されるよう命じられている。」
「面倒ごとは持ち込むな、ってことか。くそ……!」


「攻撃してきたやつは、どんなやつだった?」
「はい……。若い男の人で……白い髪に、青い瞳でした。」
「能力者ではないんだよね?」
「確証はありませんが……銃、というカラクリを使っていました。あれは私達の能力とは異なるものだと思います。」


「そうか。じゃあ、二手に別れようか。二階の修繕とそれ以外の被害状況の確認。俺と和樹のチームは修繕を引き受けるよ。太一のチームには、船全体を見回ってもらいたい。」
「わかりました!」
「あー、それと。分かっていると思うけど、今は緊急事態。勝手な行動は厳禁だからね。」
「りょーかい。じゃ、早速行動開始だな!」








 というわけで、今から船の修繕をすることになりました。

 と言っても、何もすることがありません。
 力仕事は出来ないし……。
 結界は昨日貼ったし……。

「雪月、どうしたの?」
「あ、紬様……!私、何をすれば良いか、考えていたんです。」

「雪月は病みあがりなんだし、何もしなくていいんじゃない?……あ……。」
「これは酷いですね……。」

 壁には大きな穴が空いていた。
 穴から下を覗くと、雲が見える。
 少し体を押されると、ここから落ちてしまいそうだ。

「ふぅ。いい風だね〜!」

 こんなときでも笑っていられる神楽くんはすごいよ、ほんと…。

「何のん気なこと言ってるのよ。これじゃ修繕なんてできっこないわよ!」

 愛日梨ちゃんはそう言って深くため息をついた。

「うーん。とりあえず、応急処置しようか。」
「応急処置……?」

 砂原くん、何するんだろう?
 すると、一瞬緑色に光り、大きな穴がみるみるツタでふさがれて行く。

 応急処置って、そういうことか。
 襲撃された時はよく見れなかったけど、砂原くんの能力って、緑を操る能力なんだよね。
 うーむ、目の保養!!

「……?雪月、どうかした?」
「い、いえ。砂原くんの能力って、緑を操る能力なんですよね。」

 いきなり砂原くんに顔をのぞかれたから驚いた。

 さっき私、変な顔してたらどうしよう…?

「うーん、正確に言うと、緑を生みだす能力かな。」
「生みだす、ですか?」
「頭の中で考えるんだ。カタバミ。小さくて可愛い花だ。君は何色が好き?」
「そうですね…黄色、です。」

 だって砂原くんのイメージカラーなんだもん!

「黄色、いいね。俺も好きだよ。……黄色のカタバミ。」

 そういうと、砂原くんは目を閉じ、そっと土に手をかざした。

 すると、さっきのように緑色に光ると、次の瞬間には可愛らしい黄色の花が咲いた。

「…………!」
「こんな風に、俺は想像したものを形にすることができる。植物だけ、だけどね。」
「…砂原くんの能力はとても素敵ですね……!」
「そう?喜んでもらえたなら嬉しいよ。」

 

「 攻略対象外だけど、好きなんです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く