攻略対象外だけど、好きなんです!

藤色

18 「晩御飯」


 食堂へ行くと、そこには桐ヶ谷くん以外全員がいた。

「雪月!体、大丈夫なのかい?」

 美澄くんが心配そうに話しかけて来た。

 あたりを見渡すと、みんな心配そうに見つめている。

「私はもう、大丈夫です。ご心配をおかけしてしまい、申し訳ございません…。」
「本当に大丈夫?屋上に行った、って聞いて、すごく心配したんだから…。これからは、勝手に危険な行動をするのはやめてよね!」
「愛日梨ちゃん……。はい、わかりました。」

 確かに、みんなを守るためとはいえ、勝手に危険な行動をするのは良くないよね。
 予測外なことも怒っちゃったし。
 今度からは気をつけよう……。


「おい、お前ら。そろそろ夕飯できんぞ。席につけ。」

 東くんが夕飯が出来たと伝える。

 東くんの、玉子焼き…!!じゅるり…。
 ふふっ、ちょっとよだれが出ちゃったけど、誰も見てないよね…?

 東くんの料理っていつも美味しいから、楽しみだなぁ…!

「海斗、今日の夕飯って何?」
「今日の夕飯は、白米に、焼き魚と、味噌汁。それに、玉子焼きだな。あとは…唐揚げか。あ、雪月にはおかゆを作っておいたぞ。」
「東くん…!おかゆ、ありがとうございます……!」

 あ、東くん……!
 君はなんて優しいんだ!!
 このツンデレヤンキーめ!!

「べ、別にお前のために作ったわけじゃ……!みんなが心配そうにしてたからだ!」
「それでも、お礼を言わせてください!…ありがとうございます。」
「お、おう…。」

 照れてる…。
 まったくもう、可愛いなぁ♡

「じゃあそろそろ、食べようか。」
「おい待て、まだ湊と桐ヶ谷がまだ来てねぇ。…食事の時間に遅れるとは、どういう神経してんだ。」

「あ、みんなまだ食べてなかったの?」

 ちょっと〜〜!?桐ヶ谷くん〜??なぁに自然に登場しちゃってんの〜?

「おいてめぇ。お前を待ってたんだよ。」
「ひぃう!!!」

 あ、後ろにひょっこり緑川くんがいる。

 可愛いなぁ…♡

 「ちょっと海斗、そこまでそこまで。…みんな揃ったことだし、食べようか?」


「「「いただきます。」」」










 約一ヶ月ほどお待たせしてしまい、本当に申し訳ございません!!!

 

「 攻略対象外だけど、好きなんです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く