攻略対象外だけど、好きなんです!

藤色

15 「襲撃」

 
 愛日梨 視点



「おはよう!愛日梨ちゃん。…昨日はよく眠れたかな?」

 女慣れしていそうなこの男は、私の顔色を伺ってくる。

 (確か名前は……神楽かぐら晴翔はると…だったかしら?)

「おはよう。それなりによく眠れたわ。」
「それは良かった。…かーくんと湊ちゃんのところに行こう。チームの紹介をするよ。」

 (…みなとちゃん?
 湊ちゃんなんて女の子はいたかしら?
 昨日雪月や菜々香と話したときは「私たち以外に女の子はいない」と言っていたのだけど…?
 それに、かーくんとは誰?)

「湊ちゃん、って……もう一人女の子がいるの?昨日は『俺のチームには女の子はいない』って言ってたじゃない。」
「違う違う。湊ちゃんは女の子じゃないよ。俺がつけたあだ名。」

 ということは、かーくんと言うのも晴翔がつけたあだ名なのだろう。

「……そう。」
「それより早く、みんなのところへ行こう。……あ!かーくん、丁度いいところに!今そっちに行こうとしていたんだよ。」
「本当に連れてきたんだな、愛日梨を。」

 かーくんこと、伏見和樹ふしみかずきは呆れたように答えた。

「…愛日梨よ。改めて、よろしくね。」
「ああ、よろしく。」
「愛日梨ちゃん、実はかーくんはね、よく動くし気がきくし、苦労が大好きな人間だから、いろいろと便利だよ。」
「…そ、そうなの。よく分かったわ。」

「……しかし、いいのか、晴翔?お前、湊に何も話していないだろう。」
「いいじゃない。可愛い愛日梨ちゃんがいれば、きっと出てきてくれるよ。」

 (か、可愛い…!?)

「ん?どしたの、愛日梨ちゃん。顔、赤いよ?」
「…………」
「あ、もしかして照れちゃった?ふふ、嬉しいな。じゃあ、紹介がてら、湊ちゃんを連れだそう!」
「そう簡単にいかないことは、分かってるくせに……」

 (簡単にいかない?どうして?)

「……どういう意味?簡単にいかない、って。」
「いや……まぁ、会えば分かる。」
「?」

そして私たちは、湊のもとへ向かった。




「湊ー、朝だぞ。早く起きてこい。」

 和樹がノックをして、声をかける。
…しかし、反応は帰ってこない。

「湊ー!」

 和樹がもう一度ノックをした。
…やっぱり、反応はない。

「…いないんじゃないのかしら?」
「いるよ。あの湊ちゃんが外へ出るはずないから。」

 (外に出るはずない、って何よ?
 もしかして、病気とかかしら?)

「もうかれこれ五日くらいは、姿を見ていないな……」

 (う、嘘……ヤバくない?)

「も、もしかして、病気とかじゃないの?」
「病気というか、その………
 あいつは、人と話すのが苦手でな。
 なかなか人前に出てこないんだ。」
「食事は雪月ちゃんが運んでるみたいだよ。甘やかしすぎも、よくないと思うんだけどね……おーい、湊ちゃーん!」
「湊、っていうのかしら?早く出てきなさいよ。」

 私もノックしてみた。
 すると、妨害音に我慢できなくなったのか、扉が開いた。
 姿かたちは見えないけれど、少し出来た隙間に人影が見えた。

「湊!生きてたのか!心配したぞ!」
「……生きてます……人を…勝手に…………はぁ。」

 (最後までいいなさいよ!っていうか、出てきなさいよ!
 ……この人、正真正銘の引きこもりね。どうしたものかしら。)

「ほら、湊ちゃん。早く出て、一緒に屋上に行こう?」
「……!また…あなたですか。やめてください……あなたも美澄さんも、僕には眩しすぎます。…目の毒です。」
「ははは!また面白い冗談言うなぁ。」

 (いや、完全に悪口でしょ…。)

「僕は……夜のうちに役目を果たしてます……だから、とやかく言われる筋合いはないです…。」
「何言ってるんだ。日中引きこもっているなんて体に悪いだろう。それに、顔を出さないと皆心配する。」
「心配……?あなたこそ変なことを言いますね。心配なんてするはずありません。僕らはいずれ……敵同士になるのに。」
「敵同士…?どういう意味よ!」
「知らない人の声がしました。もしかして、また新しい人?」
「そうだぞ。…愛日梨だ。」
「湊、というのかしら?よろしくお願い……」

 湊がパタン、と扉を閉めた。
 (ちょっと!?なんなのよアイツ!
 それに、敵同士、ってどういう意味なの??)

「コラ、湊!失礼だろう!開けなさい!」
「…そうだよ湊ちゃん、愛日梨ちゃんはとっても可愛いんだから、見ないと損だよ。」

(…損はしないと思うけど……)



 そんなとき、事件は起こった。
 小さな爆発音が聞こえた後、突然、船が揺れたのだ。

「きゃあぁぁ!!…なによ、これ!」

 (急に地面が揺れるなんて、聞いてないわ!)
 
「!!…くっ……またか!」
「……………っ。…また、ってどういうこと、かな?かーくん。」
「それは………。…みんなが集まってから話す。今は、逃げることを最優先しないと。……!海斗、お前、どうしてここに!?」
「はぁはぁ……!俺はまだ食堂へ来ていない奴らを向かわせているんだ。早く食堂へ行け!今はそこが一番安全だ!」

 (…食堂は、一階にあったはず。
 急いで向かわないと……!)

「待ってくれ、湊がまだ部屋の中にいるんだ!」
「ちっ…!!おい!!出てこい!!」

 海斗という男が何度呼んでも、湊は部屋から出てこない。

「クソッ!!」
「お、おい、海斗…?」

 海斗はついに、ドアを壊し始めた。
 ……何度も何度もドアを引っ張るうちに、蝶番ちょうつがいが壊れ、ドアが開いた。

「あ…ああ……!」

 湊らしい人物が顔を出した。
 …今にも泣きそうな顔になっている。

そのとき、また爆発音が聞こえた。

(…なによ、この船!『世界』の船じゃなかったわけ?
 それに、どこかは分からないけど、さっきよりも爆発音がずっと近い。)

「まさか……屋上以外も爆破されたか!?」
「……ひぃ……。」

 湊の目には、涙が溢れんばかりに溜まっている。
って、湊が出てきたんだから、早く食堂へ行かないと!

「とにかく、急いで食堂へ向かいましょう!」







 私たちは無事に食堂へ着いた。

「はぁはぁ……。いったい、何が起こっているのかしら……?」

 …さっき和樹が『爆破』なんて言ってたわ。
 もしかして、この船、襲われているの?
 それに、この船、『世界』じゃなかったりして…?
 いや、ありえないか。こんな空飛ぶ船、『世界』以外に作れるはずないし。
 だとしたら……。

 (『世界』に楯突く人間がいるなんて………。
 まさか、ね。)

「…これで、全員そろったか?…!」
「俺に和樹、紬。それに、太一もいるな。愛日梨と菜々香もいる。いないのは……海斗と湊とロンと……雪月、か…」
「海斗と湊と晴翔はさっき見かけたわ。すぐに来ると思う。」
「桐ヶ谷さんは、すぐに行くって言ってた。」

 菜々香が言う。

(じゃあ……雪月は……?)

「雪月さんはさっきまで一緒にいた。なのに、いない、なんて…。もしかして、屋上にまだいるのかも。」
「!!屋上、だって?あそこは一番危険なところじゃないか!…どうして…?」
「とにかく、俺は屋上を見に行ってくる!」
「おい、待て!隼!!」

 隼は和樹の声には応えず、屋上へ向かった。
 

「 攻略対象外だけど、好きなんです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く