攻略対象外だけど、好きなんです!

藤色

16 「結界」

 
 さてと。朝食も食べ終わったし、午後からのお茶会(部屋の相談)の準備をしようかな?
 
 お茶会といえば、お茶とお菓子。
 なんのお菓子を作ろうかな?
 …あ!菜々香ちゃんだ。お掃除当番、終わったのかな?

「雪月さん、お菓子を作るの?」
「はい。午後から、お部屋をどうするか三人で相談しますので、そのときにお茶とお菓子があれば、楽しくお話し出来そうだな、と思いまして。…菜々香ちゃんも、何か食べたいお菓子があれば、おっしゃってくださいね!」

 可愛い菜々香ちゃんのためなら、お姉さん、頑張っちゃうぞ☆

「……美味しい、お菓子。…パイ、食べたい。」
「パイ…ですか。」
「…駄目?」

 うーん、なんのパイにしようかな…?
 あ!!

「分かりました!それじゃあ、砂原くんに頼んで、桃のパイを作りましょう!」
「桃のパイ……美味しそう。砂原さんは、屋上にいたはず。」
「一緒に行きましょう!」




「…ん?雪月に、菜々香じゃないか。二人とも、どうしたの?」
「午後から女の子三人で、お茶会をするんです。そのときのお菓子に、桃のパイを焼きたいと思いまして。」
「それで、砂原さんの能力で、採れたての桃が欲しいと思った。…お願い、砂原さん。」
「うーん、そうだなぁ。…じゃあ、出来たての桃のパイを一番に俺にくれるなら、いいよ。」
「そんなことでいいんですか?ありがとうございます!」
「じゃあ早速、行こう……って、おっと。」

  突然、爆発音がして、船が揺れた。

「きゃあぁぁ!!」

 遠くで、叫び声が聞こえる。
 …あの声は、愛日梨ちゃん?

「と、とにかく、一旦食堂へ急ごう!」

 そういえば、こんなシーンあった。
…確か、襲撃されたのは、屋上だ!!

 みんなを守るためにも、屋上へ行って、襲撃犯と戦わないと!










 空気が震えた。

 目をあけていられないほどの閃光と、耳をつんざく轟音。『結界』すらも突き抜ける衝撃に、私は後ずさりした。

「……っ!」

 やっぱり、こない方がよかったのかな…。
 ううん。そんなことはない。私は間違ってなんか、いない。
 砂原くんと結ばれるためなら、これくらい……!!

 でも、これ以上は『結界』で防ぎきれない…!

  奥歯を噛み締め、無理矢理呼吸を落ち着ける。
 目の前の襲撃犯に、隙を見せないために。

「『結界』を張る能力、か……。」

 襲撃犯の男は、じっと私を見た。
 冷たく感情のない瞳。上から下、まるで値踏みするような視線に、私は動揺してしまいそうになる。

「日本国内の重要な機関、建築物を、ありとあらゆる厄災から守る。お前がその入須家の娘だったか。」

 男は銃を構えなおした。
 男の瞳と同じように、金属が冷たく光る。

 前世では、実際に見たことがなかった、銃。
 恐ろしい武器。
 たった一回、その引き金を引いただけで、死んでしまう。
 そう考えると、震えてしまいそうになるが……負けるわけにはいかない。

 万が一に備え、もう一度結界を張る。

 男が引き金を引いた。
 しかし、私に当たることはない。

「くっ……!」

 『結界』で守っているとはいえ、辛くなってきた。
 能力を使うと疲れてしまう。
 もうそろそろ、限界に近くなってきた。

「やはり貫通しないか…。三インチ砲さえ凌げるのだから、銃が敵うはずないな。」
「いい加減、無駄だっていうことを理解してください。私がいる限り、この船に手出しはさせません。即刻立ち去ってください!」
「能力は精神力に依存するもの。…女一人で攻撃を退けるとは……やはり『結界』の能力だけは手元に置いておくべきだな。…その力、俺が正しく使ってやろう。俺のもとに来い。」
「人のことを襲っておきながら、よくそんなことを言えますね。…私は船に乗っている仲間を守るんです!あなたのもとになんか行きません!」

 シナリオ通りなら、このままハッタリを続ければ、大丈夫だったはず!
 それに、あいつのところへ行ったら、砂原くんと結ばれないし!
 絶対に行かないんだから!

「ふっ……。そうか、なら…俺のもとに来なければ、船を落とす。…これは命令だ。」
「……!」

 そんな…!どうしよう!!
 こんなのシナリオにない!!
 私があいつのところへ行けば、みんなは助かるかもしれないけど…、
 砂原くんと結ばれないなんて、本末転倒じゃない!!



 そのとき爆発音と共に、船は大きく揺れた。
 立っていられないほどの揺れに、私は思わず地面に膝をついた。
 
 船に異常が起きたのは間違いない。
 だが、男が何かをした様子はなかった。

 まさか、内部犯…!?

「あなた……いったい何をしたのです!?」
「………。」

 男は何も答えない。

 どうしよう…!?どうすればいい…!!
 みんなは無事…?砂原くんは?
 早く助けに行かないと……!

「今ので終わりだと思ったか?」
「!……どういう意味、ですか?」

 まさか、もう一発あるの……?

「もう一発、船の中枢で爆発させれば、この船は墜落する。どうだ?来る気になったか?」
「………っ。」




「はぁ、はぁ……。どうやら、間に合ったみたいだね。」
「!砂原くん!?……どうしたんですか?危ないですよ!」
「………?」
「危ないのは、雪月のほうだよ。女の子一人で敵に立ち向かうなんて、無謀もいいところだよ。」

 砂原くんはそう言って、緑の能力で敵の手を塞ごうとする。が、

「無駄だ。」

 男はそう言って、手に絡みつきそうになるツタを退ける。

「な……っ。……見た事がないカラクリだなぁ。あれはなんだろう?」
「……銃……」
 
「ジュウ?初めて聞いたけど……。」
「お前、銃の存在を知っていたか。」

 あ、ヤバ……。
 本当は私、知らないはずなのに…!

「戦場で一度、見たことがあります……。とにかく下がってください!」
「駄目だよ。あんな得体のしれないもの、尚更君に近づけさせるわけにはいかない。」
「大丈夫です。…私には、これがありますから。」

 私は砂原くんに『結界』を見せる。

「これは……『結界』?…でも、だからと言って、君を近づけてもいい理由にはならないな。」

 砂原くんは納得してくれない。
 ……けど!!

「二発目、やれるものならやってみてください!船が落下する前に、私がこの船全体を覆う『結界』を張ります!落下にも耐えられるくらい強力なものを、です!あなたの思い通りにはさせません!!」
「…………ありとあらゆる厄災から守る神女、か。哀れな女だ。己自身が厄災だということも知らずに、崇められて調子に乗ったか。」
「………?どういうことですか!」
「今日は退こう。それなりの収穫もあった。」
「待ってください!!」

 私が厄災、だなんて……。
 意味が分からない。
 
 でも……私の能力じゃ、あいつを追い詰めることは出来ない……。
 退いてもらって、助かったかも…。

「……雪月…。」
 
なんだか安心して、力が抜けちゃったみたいだ。
 座りこんだまま、立てない。

「あはは……。私も、限界に近かったみたい、です……調子に乗って……ごめん、なさい……。」

 なんだか、意識も朦朧としてきた。
 砂原くん、船のみんな、本当にごめんなさい……。
 本当に、ごめんなさい……。

 



「 攻略対象外だけど、好きなんです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く