話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第48話「深い意味は無い」

「それは、どういう意味なのかな?」

 シナビが首を傾げて、美山に質問をする。

「いえ、大した意味は無いんです。ただ如月先輩は、大森先輩のお友達なんですよね? そんな彼が、突然能力者になったと聞かされた。そして偶然の事ながら、貴方自身も能力者だった。そして貴方は、能力者になった如月先輩に助言を与え、手助けしようとしましたね」
「手助けってほどの事はしてないよ。知り合いが困っていたら、助けるのは当然だろう。そして幸いにも、僕は困っている太陽くんをファローするだけの知識と能力があった」
「……私、如月先輩とはほとんど面識がありません。それでも彼、彼如月太陽がロクデモナイ先輩であることくらいはわかりました」
「酷い人間だよね」
「そんな人でも、貴方は助けるんですか? 下手すれば、如月先輩は自分の力を使ってとんでもない事をしでかすかもしれませんよ。例えば世界征服とか」
「例えのスケールが大きすぎるよ。うーんそうだなぁ……。でも、君にとっては彼はロクデモナイ先輩、悪人かもしれないけど、僕にとっては実はそこまででもないんだよなぁ……」
「そうなんですか?」
「うん。もっと酷い人間をいっぱい見てきたから」
「……………………」
「太陽くんは、僕のお菓子を食べてくれるお客さんだ。そんな彼が助けを求めてきたら助けてあげたい。でも、もし太陽くんが道を踏む外そうとするのなら、僕は全力を持って太陽くんを止めるよ」
「…………そうですか」

 それだけ言って、美山はこれ以上この話を続けるのをやめた。テーブルの上にあるケーキを1つ口にする。
 美味しい。生クリームとスポンジのバランスがしっかり取れている。
 美山は、生クリームが沢山乗っているケーキが好きだった。
 それに関して、特に深い意味は無い。

「しかし、峰長先輩の件はどうするんですか? 試合明日ですよね。如月先輩は入念な準備をしていますし、このままだと峰長先輩は……」
「ああ、それに関しては問題無いよ。僕に名案があるのさ」
「名案?」
「そう名案。絶対の名案さ」
「それは一体……」

 美山の問いに、シナビは彼女の正面に見据えて答える。

「太陽くんに、絶対に勝てる相手を差し向ける。それだけさ」

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く